スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『登山を学ぶ(3)』

岩場・鎖場歩行のトレーニング風景

では、登山者がまず最初に学ぶべきことは何でしょうか。
次の4つの中から選んでください。

1. 登山計画の立て方
2. 登山装備の選び方・使い方
3. 歩行技術
4. 読図

すべて学ぶべきことのように思われますが、『もくもく登山塾』でまず最初に学ぶことは、残念ながらこの中のどれでもありません。

話を警察庁発表のデータに戻しましょう。
平成27年の山岳遭難発生要因の第1位は、「道迷い」(39.5%)です。
山で見かける人のうち、地図を携行しているほとんどの人が「山と高原地図」などのガイドマップを持っています。
登山道がよく整備された山では、大抵はそういったガイドマップだけで無事に下山できてしまうことでしょう。

では、なぜこれだけ多くの人が道迷い遭難するのでしょうか。

地図を持っていないから?
(いえいえ、ガイドマップを持っていても迷っています。)
マイナーな山に登ったから?
(いえいえ、日本百名山でも迷っています。)
天気が悪くて視界不良だったから?
(いえいえ、快晴の日でも迷っています。)
GPSを持っていないから?
(いえいえ、GPSを持っていても迷っています。)

その答えは、もくもく登山塾レベル1「いまさら人に聞けない!“安全登山の常識”講習」「やさしく学ぶ!読図基礎講習」にてお伝えします。

さて、平成27年の山岳遭難発生要因で次に多いのは「滑落」(16.5%)です。
実は、かなりの登山者が気づいていない、滑落防止につながる知識や技術がいくつかあります。と言われて、皆さんがまず思い浮かべるのは何でしょうか。

岩場や鎖場において、“危険性が高い登り方・下り方”があります。山で見かける登山者の多くは、正にこの“危険性が高い登り方・下り方”をしています。
実は、この岩場や鎖場の通過の仕方で、その人が登山について学んでいる人なのか否かを一目で判断することができます。

詳しくは、もくもく登山塾レベル1「いまさら人に聞けない!“安全登山の常識”講習」「岩場・鎖場の歩き方講習」にてお伝えします。

登山について学んでいない人は、山で見かける他の登山者の行為に問題があるかどうかの判断ができません。
その判断ができなければ、「あの人がそうしていたから…」それが正しいことだと解釈することでしょう。

つまり、登山について学んでいない人は、人のふりを見て我がふりを直せないのです。
さらには、自分の問題のある行為が、他者を遭難に至らしめる可能性があるということも想像できないでしょう。

ただひとりでひたすら山に登っていても、決して“登山を学ぶ”ことはできない理由がそこにあります。
詳しくは、もくもく登山塾レベル1「いまさら人に聞けない!“安全登山の常識”講習」など各講習にてお伝えします。

たまたま道が間違っていなかった。
たまたま現場に誰かがいた。
たまたま誰かの踏み跡があった。
たまたま落ちなかった。
たまたまケガをしなかった。
たまたま天気が崩れることがなかった。
たまたま何事もなかった。
たまたま誰にも迷惑をかけなかった。

登山について学んでいない人にとって、大抵の登山経験はそんな“誤った成功体験”の積み重ねです。
その“誤った成功体験”が「自分の登山はこれで問題がない」という錯覚を生みます。

我々が主催する登山教室『もくもく登山塾』は、その錯覚を粉々に打ち砕くことから始まります。

もくもく登山塾
http://moku2-outdoor.com/mountaineering.html#school

(りょう)



『登山を学ぶ(1)』
http://moku2outdoor.blog.fc2.com/blog-entry-559.html

『登山を学ぶ(2)』
http://moku2outdoor.blog.fc2.com/blog-entry-560.html
29日のカナディアンカヌー体験・カヤック体験について | Home | あなたの街に、裏磐梯がやって来た!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。