スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スノーシュープログラムまとめてみました。

先週から始まった2014~15冬プログラム。参加していただいた方々、ありがとうございました。
と言う訳で・・・ 写真まとめてみました。ご覧ください。
004_convert_20141231165816.jpg
天気はご覧の通り・・・・イエローフォールの写真が無いのは????次回に期待してください。
015_convert_20141231165854.jpg
子供だって大丈夫! 初めてのスノーシュー&レンゲ沼渡りでした。
022_convert_20141231165923.jpg
ちょっと幻想的でいいでしょ?相変わらずイエローフォールは・・・・もう少しです。
032_convert_20141231165957.jpg
不動滝のブルーアイスは見頃を迎えたようで真っ青に輝いています。

今シーズン、積雪は多いのですが気温が下がらず、イエローフォールの出来具合はまだまだ状態。
年が明け、冷え込みが進めば例年通りの・・・と期待しましょ。
                                                                       もく
スポンサーサイト

「厳冬の不動滝・ブルーアイスツアー」開催です

「厳冬の不動滝・ブルーアイスツアー」開催です。
昨日のツアー

不動滝を近くから見上げると、やはり迫力満点です。

不動滝の全景

不動滝の全景はこん感じ。夏は、この滝にうたれていたのが懐かしいです。

http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html#fudo


あかぬあ

「厳冬の不動滝・ブルーアイスツアー」の下見

こんな日の午後は不動滝でしょう。

お堂にはこんなに雪が

「厳冬の不動滝・ブルーアイスツアー」下見に行ってきました。
不動滝手前のお堂にはこんなに雪が積もっています。

本日の不動滝

不動滝の氷はまだ小さいけれど、冬ならではの迫力があります。
あまりに美しいので見惚れてしまいました。

おおきなアカゲラがいました

さて、こんな鳥がいました。
アカゲラっぽいのですが、やたらに大きいのです。
もしかしてオオアカゲラだったりして。
10年程前ですが、休暇村裏磐梯のハンノキの森の中で凍ったオオアカゲラを拾ったことがあるのです。
なんだか似ているきがするのは、そうあってほしいと願う気持ちからでっしょうか。

あかぬま

「神秘の五色沼ツアー」は、宝くじにでも当ったよう

バンザーイ!
めちゃ晴れました。

朝の母沼

裏磐梯の冬、まれですが晴れます。
こんな日には放射冷却の影響で氷点下16度になりました。
裏磐梯中の樹木に霧氷がつき、幻想的な景色がひろがります。
こんな日の「神秘の五色沼ツアー」は、宝くじにでも当ったような美しい景色が現れます。

裏五色


裏五色沼を満喫すべく、特別な場所に案内しました。
普段歩くことのできない神秘の裏磐梯が待っています。

るり沼


こんな日に歩くと、次回に参加する時にはマイスノーシューを持っていたりします。

裏磐梯はいつでも皆様をお待ちしています。

http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html#goshiki

あかぬま

毎日開催スノーシューツアー、スタートします。

予定どおり、今週末27日(土)から毎日開催のスノーシューツアーがスタートします。
今シーズンの毎日開催ラインナップは次の4つです。

森と湖上のネイチャーツアー
 磐梯山の噴火でできた地形“流山”はスノーシューで遊ぶには持って来い。結氷した桧原湖の上を歩くこともできます。(今日時点ではまだ結氷しておりません)

神秘の五色沼ツアー
 ご存知、裏磐梯を代表する景勝地「五色沼」。雪景色と言うキャンバスに浮かぶ神秘的な沼の色は必見です。

厳冬の不動滝・ブルーアイスツアー
 トロッコが走っていた森林軌道跡を進むと現れる迫力満点の滝。滝から上がる水しぶきは“ブルーアイス”と化します。

イエローフォール・磐梯山ジオツアー
 磐梯山の火口壁に現れる黄色い氷爆「イエローフォール」。迫力の噴火口はここが日本であることを忘れてしまうような雰囲気です。

毎日開催スノーシューツアーの詳細はこちら
http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html

昨シーズンまで約4kmのコースだった「神秘の五色沼ツアー」については、コースが短くなり小学1年生からご参加いただけるようになりました。体力に自信がない方も安心です。
冬しか見ることのできない“黒沼”を巡るコース。他の沼と色を比較してみるとおもしろいと思います。

今日の青沼
今日の青沼

(りょう)

冬の体験プログラムがスタートしました。

冬山リスクマネジメント講座の様子

いよいよ冬のプログラムがスタートしました。
写真は、今日の「冬山リスクマネジメント講座」のフィールド実習の様子です。

冬山リスクマネジメント講座
http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html#rm

登山やバックカントリーなど、冬山で遊ぶ人なら知っておかなければいけないリスクマネジメント。
講座は、「冬山のリスクとその要因」「雪崩の要因とその対策」「雪崩ビーコンの重要性とその特徴」という3つのテーマでお話しさせていただく座学と、フィールド実習を組み合わせた内容です。

雪崩対策“三種の神器”・・・ビーコン、プローブ、シャベル。
「とりあえず道具は買ってみたけど使ったことがない」という方も多いかと思います。
いくらいい道具を持っていても、使い方を知らなければ持っていないのと同じです。

フィールド実習では、ビーコンの使い方はもちろん、プローブで実際に人の感触を確かめたり、上手な雪の掘り方などもレクチャーします。
ご自分の装備をお持ちの方はぜひご持参ください。

次の開催は、1月10日(土)と3月7日(土)です。

+++

追記。

まだ看板も出ておらず、新事務所の場所がわかりにくくて申し訳ありません。
ナビ任せで新事務所にいらっしゃる際には、電話番号ではなく住所を入力してお越しいただければ幸いです。

福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字小野川原1092-38

新事務所外観
新事務所外観

(りょう)

事務所移転のお知らせ

Facebookのほうはちょいちょい更新してましたが、こちら裏磐梯日記はひさしぶりの更新になってしまい申し訳ありません。
しかも、ひさしぶりが「移転のお知らせ」という。(苦笑)

もくもく自然塾Facebookページ
https://www.facebook.com/moku2outdoor

もくもく自然塾は、明日12月10日(水)より新事務所での営業となります。
それに伴い、電話およびFAX番号も変更になります。

〒969-2701
福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字小野川原1092-38
TEL:0241-23-9018
FAX:024-505-4826 (ゴー!ゴー!遮二無二アウトドア)

電話受付時間 9:00~20:00
FAX受付時間 24時間

がらーんとした新事務所内はまだまだ準備作業中ですが、ツアーの申し込み受付はできますのでご安心を。
ちなみに、館内にボルダリングエリアの設置も計画中です。

そして、スタッフもまだまだ準備中。
お電話いただいた際には慣れない新人スタッフが応対するかと思いますが、温かい目で見守っていただければ幸いです。(笑)

新事務所の受付カウンター
新事務所の受付カウンター(もくもく自然塾リフォーム部?の手作り)

(りょう)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。