スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏磐梯山岳耐久レース2014、無事終了しました。

登り登山者を無視して猛スピードで下るランナー。
落石の可能性があるトレイルを、イヤホンで音楽を聴きながら進むランナー。
「エイドステーションがあるから」と選手がほとんど手ぶらで山岳地帯を走るトレイルレース。
まだ登山口から半分ほどのところで「もう山頂は過ぎましたか?」と聞いてくるランニングチームのリーダー。・・・etc.

私自身がいくつかのトレイルレースに出場する中で感じた疑問。
そして私自身が日々、山に登る中で感じた疑問。

「山が舞台である限り、トレイルランニングはマラソンの延長ではなく登山の延長ではないのか?」

山のマナーやルールを知らない、リスク管理意識の低いトレイルランナーを生みだす数多ある過保護で商業的なトレイルレースへのアンチテーゼとして始めた「裏磐梯山岳耐久レース」も、今年で5回目(プレ大会を含めると6回目)の開催となりました。

午前3時、選手スタート
午前3時、選手スタート

東の空が染まり始める
東の空が染まり始める

9時間25分00秒、倉田選手がトップでフィニッシュ
9時間25分00秒、倉田選手がトップでフィニッシュ

男子表彰式
男子表彰式

女子表彰式
女子表彰式

制限時間内最終選手は、暗闇の中フィニッシュ
制限時間内最終選手は、暗闇の中フィニッシュ

2014年大会リザルト
http://moku2-outdoor.com/event.html#results

男子67.24㎞(敬称略)
第1位 倉田文裕 9時間25分00秒
第2位 清野宏之 9時間34分26秒
第3位 高橋謙也 9時間38分40秒

女子67.24㎞(敬称略)
第1位 高野路子  13時間12分24秒
第2位 池上美沙子 14時間57分34秒

大会にご賛同いただきご協力いただいた企業、団体、個人の皆さま。
協賛宿泊施設としてご協力いただいた地元宿泊施設の皆さま。
大会開催にあたりコースの草刈りをしてくださった地元の皆さま。
大会運営にご協力いただいたボランティアスタッフの皆さま。
そして、選手の皆さま。

まずはこの場をお借りして、2014年大会開催にご協力いただいたすべての方に感謝申し上げます。
2015年大会も何卒よろしくお願い申しげます。

(大会実行委員長 渡邊亮)
スポンサーサイト

オススメの山はどこですか?

シャワーウォークとカヌー縛りだった夏を卒業し、密かに山に復帰しております。
3連休は、今月2回目の飯豊。東京からいらした24名(+添乗員2名)の皆さんと雄大な稜線を満喫してきました。

切合小屋までもう少し
切合小屋までもう少し

切合小屋から眺めるご来光
切合小屋から眺めるご来光

山を案内していると、よく「オススメの山はどこですか?」と聞かれます。
そこは迷わず「飯豊」と答えます。

その魅力は何かと聞かれれば・・・
・とにかく山が大きく、歩きごたえがある。
・どこから登ってもしんどい。(体力が必要)
・避難小屋しかない。(切合小屋は食事を頼めるものの、基本的には自分で寝袋、食料を背負って行く必要があり、軟弱者は来ないでね感がステキ)
・ほどよく岩場や鎖場、時期によっては雪渓がある。(滑落や転落の危険性がある)
・時期によって使える水場、使えない水場がある。(給水の計画が必要)
・案内板が少なく、道がわかりにくい。(地図を読める人だけ来てね感がステキ)
・基本的に登山者が少ない。(静かな山歩きを楽しめる)

南東北・福島・会津の名峰に登る
http://moku2-outdoor.com/mountaineering.html#meihou

大日岳を望む
大日岳を望む

飯豊本山から大日岳方面に向かっていると、キョロキョロしている単独登山者から「こっちはダイグラ尾根じゃないよね?」と聞かれました。
そんなことは地図とコンパスで確認すれば明らか。彼は、もしぼくが道を知らない人だったらどうしていたのでしょうか?

「○○はどっちですか?」
「××までどのくらい時間がかかりますか?」

そんなことは自分で調べればわかること。
それすらしない(できない)人は、自己責任を放棄しているという意味で登山不適格者。

そういう人にやさしくない飯豊が好きです。

イイデリンドウ
イイデリンドウ

(りょう)

2014年夏プログラム『シャワーウォーク』無事終了しました 3

毎年、天候のパターンが異なります。雨の日には残念ながら中止になる日もあります。中止になって、翌年参加下さる方の多いのが、スタッフとして嬉しくてなりません。

8/23
激しい流れを登るのは大人も大変です。

8/23
深い森の中をを流れる川もあります。

8/23
大きな滝の下でこんなことをするものだから、毎回、奇声が響き渡ります。

8/30
名物チキンクリフからの飛び込みです。

8/30
チキンクリフを飛び込んだ後の満足な参加者です。

来年もお楽しみに。

ごっきげんよ〜。
さようなら。

あかぬま

2014年夏プログラム『シャワーウォーク』無事終了しました 2

私たちのプログラムは、天候や、参加者のレベルなどを判断して、毎日、遊ぶ川や、エリアを、時には二手に分かれたりしながら楽しみます。

7/30
天然のプールの前で。

8/3
この笑顔が嬉しいのです。

8/13
日によってはこんな場所で心も体も凍えます。

8/14
こんな渓流を登ることも。

8/19
毎日、曽原湖わくわくネイチャーカヌー体験も同時に行っています。

2014年夏プログラム『シャワーウォーク』無事終了しました 1

2014年夏プログラム『シャワーウォーク』無事終了しました。
スタッフ一同は、次年度に向けて新たな準備をしつつ、今年参加できなかった皆様に今年の楽しげな?シーンを数回に分けて少し紹介します。

来年もお待ちしております。

7月29日
こんなふうに流れました。

7月30日
流れの激しい沢登りをすることもあります。

7月30日
天然のプールに飛び込むことも。

7月30日
浮力に負けずに水中ウォーク。

7月30日
親子で水中ウォークチャレンジしてましたね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。