スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯豊連峰は花盛り

毎年恒例「飯豊連峰登山」へ行ってきました。今回は久しぶりの雨中山行になってしまいましたが、雄大な雪渓美と花だらけの風景は苦労して登ってきた者だけのプレゼントです。
172_convert_20140630051533.jpg
今年は東北の山全体に言えることですが、雪解けが遅く結構下の方まで雪が残っていました。その影響?で花の開花も遅く普段見ることのできない花と出会えたのはラッキー・・・かな。
087_convert_20140630051422.jpg
何時ものメンバーです。飯豊山頂上は強風+真っ白でご覧の通り。何時もはこの先、御西小屋まで花を見ながら進むのですが今回はここまで。この後、小屋で宴会が始まったのは言うまでも有りません。これも小屋泊山行の魅力?かな。

今回出会った花たちの紹介は明日から4日間下記アドレスでご覧いただけます。
http://homepage3.nifty.com/p-mokumoku/

もく
スポンサーサイト

5~6分咲き? 今日の雄国沼湿原ニッコウキスゲ

咲き始まりは早かった今年のニッコウキスゲ、今日は5~6分咲きと言うところでしょうか。自然のことなので当たり前ですが毎年咲き方は違います。ゆっくり咲き始めてパッと満開を迎えたり、咲き始めから3~4分咲いて5~6分咲きが最後まで続いたり・・・、今年の花芽を見ていると後者の様です。
001_convert_20140626150356.jpg
梅雨の晴れ間?と言うより今年は梅雨を感じさせない気候が続いています。ニッコウキスゲの見頃ピーク(人出ピーク?)は今週末でしょう。是非、足を運んでみてください。

http://http://www.moku2-outdoor.com/trekking.html

もく

ニッコウキスゲとワタスゲ満開の雄国沼湿原散策

いわきからお越しのMご夫妻

本日、いわきからお越しのMご夫妻を案内しました。

雄国湿原はニッコウキスゲが見頃です

ニッコウキスゲが見頃を迎えました。青空と、黄色い絨毯に緑の草原がなんともいえません。

ワタスゲも満開

ワタスゲも満開で、色とりどりの雄国沼湿原散策は最高潮です。

オオミズアオ

帰り際に、美しいオオミズアオが道の横にへばりついていました。薄暗い森の中で見ると、なんとも神秘的な雰囲気を醸し出す昆虫です。

Mさん、またお会いしましょう。

あかぬま

今日は「らくらくシャトルで雄国沼散歩」 

ここ数日、雄国沼湿原に入り浸ってます。とっ、言う事は毎日の変化を見ている訳で・・・ところがここのところあまり変化はなく、三分~四分位で咲き続けています。昨年はコバイケイソウとニッコウキスゲが豊作?だったので今年の咲き具合は貧弱感がありますが、例年並みと言うところでしょうか。
003_convert_20140623160707.jpg
レンゲツツジとの共演は今週一杯かな? その後は黄色い絨毯が敷き詰められます。
013_convert_20140623160822.jpg
シャトルバスの待ち時間を利用して駐車場脇にそびえる?山へプチ登山してきました。ウラジロヨウラクツツジが見頃でした。

トレッキング:http://http://www.moku2-outdoor.com/trekking.html
大人の山歩き:http://http://www.moku2-outdoor.com/mountaineering.html

もく

雨天でもこの笑顔、アウトドアは天気も味方です

受付時「この天気でも大丈夫ですか?」の問いかけに「勿論!」の返事、アウトドアチャレンジャーはこうでなくちゃね。まっ、大雨と言う訳でもないのでレインウエアにみを包み、いざ出発!
006_convert_20140623045839.jpg
今回はご夫婦+お友達と言う3人組。ご主人の弟さんがスノーシューに参加され、じゃあ自分たちも・・・ということでのご参加です。
ご覧の通り、この笑顔! バス釣り大会も有り、ボートの数も多くちょっと漕ぎずらそうでしたが雨にも負けず、始終この調子で楽しそうでした。昼食はレストランでイタリアン、その後温泉・・・楽しい休日を満喫です。今度はスノーシューにチャレンジを約束してくれました。待ってます。

もく

雄国沼湿原のニッコウキスゲ、只今三分咲き

裏磐梯と言うより雄国沼湿原の初夏の風物詩?と言えばニッコウキスゲ、今年もその時期を迎えました。プライベートも含め、ここ3日間連続で歩いていますが今日で三分咲き・・・と言うところでしょうか。まだまだ花芽が沢山付いているのでこれから期待が持てる今年の雄国沼湿原です。
008_convert_20140621183847.jpg
天気予報では週末傘マークが付いていたからかこの時期にしては人出は少なめで、団体一つをやり過ごしてらの~んびり写真撮ったり、木道脇のスペースで昼食を取ったり、ゆっくりした時間を過ごせました。
参加したご夫婦2組も大満足!・・・だったかな?

トレイルウォーキング:http://http://www.moku2-outdoor.com/nature-watching.html#walking

もく

梅雨時期の2日間、天気に恵まれラッキー!

昔は「じとじと、じめじめ・・」というイメージが強い梅雨時期ですが、最近はどばっと降ってその後数日(結構長い期間)降らないという梅雨のイメージが変わってきたような気がします。今週は比較的好天が続き移動教室で裏磐梯に来た学校は良かったですね。今日は千葉県九十九里中学校がカナディアンカヌーを体験しました。前日は磐梯山登山、アウトドア三昧の2日間です。
012_convert_20140621065836.jpg
風も無く穏やかな曽原湖、海を見慣れた子供たちにはちょっと物足りないかな?と思いきや、直ぐに水のひっかけっこが始まり全身びっしょり!子供たちは何をやっても楽しそうです。

もく

今日の雄国沼湿原 3色共演

GWが終わり夏休み前までのこの時期、移動教室や修学旅行で裏磐梯に多くの学校が訪れます。今日は品川区立戸越台中学校のガイドで「ラビスパ~雄国山~雄国沼湿原~雄子沢」を歩いてきました。002_convert_20140620050115.jpg
ニッコウキスゲが咲き始め、レンゲツツジはそろそろ終わり、ワタスゲはご覧の通り・・・と言う訳で3色共演ということになってます。この微妙な時期の楽しみです。
003_convert_20140620050008.jpg
一般のハイカーは数人・・・と言う訳で木道は貸切状態。始めてみる風景に普段は無関心?な子供たちも歓声を上げていました。
来週にはニッコウキスゲも本格的に咲き始め、多くの人で賑わうことでしょう。
花芽が沢山付いているので期待できそうです。

もく

四足歩行

新潟でクライミング。
二足歩行だけでなく、たまには四足歩行のトレーニングも必要です。

本日の課題(その3)
今日の課題(その3)

懸垂下降中。
懸垂下降中。

本日の課題(その4)
今日の課題(その4)

(りょう)

磐梯山で「ばんざーい」

磐梯山山頂

磐梯山の下見に行ってきました。
山頂からは眼下に広がる猪苗代をや会津盆地、飯豊連峰、吾妻の山々などが一望できて、「ばんざーい」ってな気分でした。

IMGP3661.jpg
中の湯温泉跡の湿地にはミツガシワが咲いて、土手にはイワカガミが咲き始まりました。
IMGP3616.jpg

山頂とお花畑にはミヤマキンバイが見頃になっています。

IMGP3629.jpg

山頂直下にはミツバオウレンやヤマハタザオ、ミヤマカラマツ、ミネカエデの花々を見ることができます。

あかぬま

レンゲツツジ満開の雄国沼湿原散策

レンゲツツジ
毎日開催、雄国沼湿原散策に行ってきました。毎度常連のM嬢が山初心者のお友達を連れて来て下さいました。
登りはじめてすぐに、ギンリョウソウ、タニギキョウ、オククルマムグラ、コケイランときて、ハルゼミの大合唱の中を進み、ツクバネソウ、トチバニンジン、ラショウモンカズラ、ユキザサ、ササバギンラン、ヒメアオキなどの花を観察しながら猫魔火山帯の中心に広がるカルデラに到着です。レンゲツツジやコメツツジ、ウラジロヨウラクツツジが現れ、雄国湿原に入ると早咲きのニッコウキスゲが出迎えてくれました。ワタスゲ、タテヤマリンドウが咲き乱れ、初夏の雄国沼湿原散策は魅力一杯です。

雄国沼湿原散策
http://moku2-outdoor.com/trekking.html#oguni
雄国沼と猫魔ヶ岳
木道の下には、食虫植物のモウセンゴケが姿を表していました。
モウセンゴケ
小さいので探すのが大変ですが、頑張って見つけて下さい。
モウセンゴケを探しています
こんな感じで探すことのなります。

あかぬま


残雪美に魅せられて・・・ 飯豊連峰

毎年登っている飯豊連峰ですが、その魅力は?と聞かれれば「この時期の残雪美でしょ」と答えます。蒸し暑い樹林を大汗掻いて登り、稜線に出た途端目に飛び込んでくる絶景。大日岳から飯豊本山までの残雪大パノラマが広がります。
zansetu
パノラマ写真でないのが残念!左右の景色はご想像下さい。この景色に魅せられています。
katakuri
この時期にカタクリに逢える・・・これも魅力の一つです。

本番登山は再来週、何時も使う川入からのコースが道路倒壊で使えないため、今回は久しぶりの「弥平四郎」です。今回は下見ついでに疣岩山まで行ってきました。

もく

迫力満点! トレイルウォークで不動滝へ行ってきました

自分達だけでおしゃべりしながらのんびり歩くのも楽しいものです。でも、もくもくのトレイルウォークだと宿泊施設から送迎が付いてネイチャーガイドが同行してそしていろんな話も聞けます。これはお得でしょ。
不動滝
不動滝は水量豊富で大迫力です。宇都宮からご参加いただいたSさんご夫婦は野草の会に所属していたこともあるということで興味深い話を聞けました。

これからは雄国沼湿原のニッコウキスゲ、裏磐梯は花の時期を迎えます。

トレイルウォーク:http://http://www.moku2-outdoor.com/nature-watching.html#walking
雄国沼トレッキング:http://http://www.moku2-outdoor.com/trekking.html

もく

悪天候の日本百名山ガイド

深田久弥氏が選んだ「日本百名山」が県内に6座あります。裏磐梯から手軽に登れる3座をまとめて登る募集ツアーで久しぶりの3日連続ガイド、体力的に・・・言うより悪天候の対応の方で疲れました。
西吾妻山
今年の西吾妻山は例年より残雪が多く、ご覧の通りの山行です。四国高松からのツアー参加のみなさん!驚いたことでしょう。
磐梯山
歩き始めからカッパを着込んで、気合を入れて登った磐梯山です。強風で横殴りの雨、岡部小屋が開いていて助かりました。本当はロイヤルコース下山の予定を八方台へ戻ったのは言うまでもありません。
安達太良山(薬師岳)
最終日は安達太良山、飛行機の出発時間の関係で予定ではゴンドラ利用の往復コースです。ところが悪天候は続き、強風でゴンドラ運休。やれやれ行けるところまでと言うことで薬師岳までの往復に変更です。

3座登るはずが1座残ってしまい再度挑戦とのこと、四国からだと大変だ。まっ、自然相手の山登りですからしょうがないか。

大人の山登り:http://http://www.moku2-outdoor.com/mountaineering.html

もく

五色沼自然探勝路の木道ゾーン

アマゴイルリトンボ
五色沼自然探勝路に近年できた木道ゾーンを観察しながら歩いていると、瞳がコバルトブルーに輝くイトトンボが目に止まりました。細くて小さくて、弱々しいトンボですが、珍しいアマゴイルリトンボの雄でした。長野・新潟・山形・青森・福島の五箇所で観察されている希少種で、艇水植物が繁茂するような沼の周りで観察できます。
この日、木道の上には大きな熊のフンもありました。
これは珍しい物と言えるでしょうか。

あかぬま

カヌー体験?それとも毛虫体験??

天気予報が大ハズレ!絶好のカヌー体験日和・・・のはずが??
裏磐梯は自然が「売り」ですが、楽しいことばかりではありません。この時期生き物たちだって大暴れ?することがあります。
ここ数日毛虫の大発生に見舞われ、もくもくのカヌー桟橋付近でも凄いことになっています。一部の方を除き、殆どの人が嫌う毛虫君、特に今回は新潟の小学生それも女子だけの体験だったので大騒ぎになってしまいました。
003_convert_20140611181954.jpg
それでも湖上に出てしまえば毛虫君たちの攻撃?にも見舞われず笑顔の体験。風も無く大はしゃぎで無事終了できました。

もく

子供たちの元気は雨雲も吹き飛ばす!

朝、午後からの体験に備えカヌーの準備をしようとしたら予報通りの雨。梅雨入りした訳で当たり前のことなのですが、楽しみにしていた野外体験(他にもリバートレッキング、サイクリング、釣りもあります)なのでやらせてあげたいな~。
011_convert_20140610043339.jpg
曽原湖に20艇のカナディアンカヌーが浮かぶと壮観です。そして子供たちの歓声が響きます。
017_convert_20140610043457.jpg
同時開催でカヤック体験も実施。終わる頃には磐梯山の姿も・・・

まるで子供たちのパワーが雨雲を吹き飛ばしたようで、降られることも無く無事終了しました。まだ初日、残り2日間楽しい思い出沢山作って帰ってね!

もく

アイスヒル

昨日は山形県の遊仙峡をご案内する予定でしたが、朝イチで下見に行ったら見事に増水・濁流。
行き先を「アイスヒル」に変更し、岩場・鎖場通過のトレーニングとなりました。

南東北・福島・会津の名峰に登る
http://moku2-outdoor.com/mountaineering.html#meihou

ロープワーク講習後、鎖場や岩場を使ってセルフビレイの取り方などを実践。
片手でのカラビナの扱いに苦労されている方が多かったようです。

岩場・鎖場通過のトレーニング
岩場・鎖場通過のトレーニング

皆さん、今日見つかった課題を改善して、ぜひ目標の山の登頂を成し遂げてください!

(りょう)

大人だって楽しいネイチャーカヌー体験

日本シェアリングネイチャー協会ってご存知でしょうか。公益社団法人になる前はネイチャーゲーム協会といって、自然の中で自然を題材にしたゲームを楽しみながら自然と触れ合うプログラムを提案しています。私もそこの会員ですが、今週末はその全国集会が裏磐梯で開催されています。その中の体験の一つがネイチャーカヌー体験でした。
梅雨入りして朝から小雨模様、でも集まった参加者はレインウエアに身を包み戦闘体制?完了です。幸い大降りすることなく午前、午後無事終了しました。
007_convert_20140608061327.jpg
残念ながら磐梯山を見ることはできませんでしたが、カワセミ、アオサギのコロニー、カモ・・・素材満載の1日でした。
006_convert_20140608061218.jpg
最後は全員笑顔で終わりました。

ネイチャーカヌー体験やカヤック体験は子供やファミリーだけの楽しみではないですよ、大人だって楽しめます。梅雨明けまで天気と相談しながらの実施になりますが毎週末開催しています。

ネイチャーカヌー・カヤック:http://http://www.moku2-outdoor.com/canoe.html

もく

白い世界を彩る花々

先週末に山開きが行われた西吾妻山(2035m)。
まだまだ雪がたっぷり残っていますが、高山植物たちの息吹は確実に聞こえてきています。

ミネズオウ
ミネズオウ

ミヤマキンバイ
ミヤマキンバイ

今日ご案内したルート(天元台~西吾妻山~西大巓)上で見かけたのは、ミネズオウ、ヒメイチゲ、コメバツガザクラ、ミヤマキンバイなど。
この時期の吾妻連峰西端は、アイゼンの携帯をオススメします。

南東北・福島・会津の名峰に登る
http://moku2-outdoor.com/mountaineering.html#meihou

(りょう)

魔女の瞳

魔女の瞳
魔女の瞳

今日の「魔女の瞳(五色沼)」です。
朝日連峰と月山も見えてます。

南東北・福島・会津の名峰に登る
http://moku2-outdoor.com/mountaineering.html#meihou

吾妻連峰の東端、一切経山~家形山周辺をご案内。
浄土平周辺はイワカガミが咲き始め。
姥ヶ原のチングルマは一輪だけ見かけました。

チングルマ
チングルマ

吾妻の高山植物を楽しめる季節までもう少しです。

(りょう)

カナディアンカヌー+トレッキング 2倍楽しめる体験プログラム 

ちょっと風が有り、コントロールしづらかった今日のカナディアンカヌー体験は日立市立坂本中学校の生徒たちでした。普段は通常定員で実施するのですが、生徒数が多く1回でできない場合ショートタイムで2回実施します。今回は総勢81名が体験しその裏プログラとしてトレッキングもしてしまいました。
無風?
写真では無風のようですが西風が少しあり初心者にはちょっときつかったようです。でも、何をやっても楽しい年頃、グルグル回っては「きゃっ~」、衝突しては「がはぁぁ~」、最後はお約束の水のひっかけっこ、みんなびっしょりでしたが笑顔で無事終了しました。
今日は初日、残り2日間楽しい思い出沢山作って帰ってくださいね!

カナディアンカヌー体験 http://http://www.moku2-outdoor.com/stdprogram.html#canoe

もく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。