スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読図のススメ

今日は地形図とコンパス片手にアドベンチャー。

雪に覆われた急斜面をグリセードで攻め、藪を漕ぎ、渡渉すること数回。
雪解けのオアシスにはバイカオウレン。
結果、ぐるっと4つの山を越える馬蹄形縦走?

バイカオウレン
バイカオウレン

一応、来週のガイドの下見です。

南東北・福島・会津の名峰に登る
http://moku2-outdoor.com/mountaineering.html#meihou

今日はここでひとりランチ
今日はここでひとりランチ

読図も含めて山登り。
GPSやら地図アプリに頼っていては、自分の力で登ったとは言えません。

地図が読めなければ、何年山に登っていても登山初心者。
地図が読めなければ、何回山に登っていても遭難予備軍。

自分の力じゃない登山って楽しいの?
ちゃんと自分の力で山登りしようよのススメ。

(りょう)
スポンサーサイト

昨日のカナディアンカヌー体験

曽原湖から見るカヌーと磐梯山

昨日の昼過ぎでしょうか、磐梯山では大粒で大量のヒョウが降ったようです。
午前中ですが、北茨城市立関本中学校の皆さんは、こんなに気持ちの良い曽原湖でカナディアンカヌー体験をしました。

埋没林エリア

静かな湖面を滑るように樹木の下を進む感じは、ジャングルの中にいるような感じがします。

スタート地点に戻る

一帯は、新緑がまぶしくて、裏磐梯の春満開カナディアンカヌー体験は、最高の思い出になったようです。

カナディアンカヌー体験は http://moku2-outdoor.com/stdprogram.html#canoe

あかぬま


五色沼自然探勝路の花々

マイヅルソウ

昨日午後からのプログラムだったので、午前中に五色沼自然探勝路を歩いてきました。裏磐梯の遅い春ですが、花々の咲き誇る探勝路の確認の為にです。
ヒロハノツリバナ、タチツボスミレ、マイズルソウ、フデリンドウ、キジムシロ、ズミ、ミツバアケビ、マムシグサなど、よく探せば見つけられます。

フデリンドウ
マムシグサ

裏磐梯歩きが、いっそう魅力的になっています。

あかぬま

アウトドアはアクシデントが付き物?

外遊びをしていればアクシデントには驚くことは少ないですが今回は「あっと驚く為五郎~」(知らない人が多いと思いますが・・・)でした。それにしても最近の天気、変だと思いません?
昨日は旭市立海上中学校のカナディアンカヌー体験の担当でした。波も静かな曽原湖で行いますが、水の上で行う体験なのでバランスを崩せばひっくり返ります。言い換えればこの不安定さが魅力な訳です。一般プログラムはそうでもないのですが学生向けの場合はちょっと違ってきます。まっ、昔の自分を思い返せば判るとおり、やっちゃいけないことをやりたがる・・・
当然ひっくり返ります。今回は2艇ひっくり返りました。想定内と言うことで驚きはしませんでしたが・・・
夏空!
空には入道雲が現れ、夏を思わせる気温でした。

さて、今日は那珂私立第一中学校の登山です。
登山日和・・・のはずが
朝の挨拶で「今日は絶好の登山日和!」と言ったのですが、午後から雲行きが怪しくなり、ついに雨が降り始め・・・生徒に向かって「カッパ着なさ~イ」と声をかけたのですが、あれ?地面を飛び跳ねる白いものが・・・ そう、ヒョウです。それもパチンコ玉位の大きさのが。これって、凄く痛いんですよ、各所から悲鳴が上がっていました。こんなこと初めてです。
やっぱり最近の天気、変じゃないですか?
パチンコ玉が降ってきました
白いのがヒョウです。このあと靴が埋まるほど降りました。

もく

観光のススメ

新緑眩しい裏磐梯。
やわらかい緑に包まれる気持ちのいい季節なのですが、実は一般観光客は少なめ。
晴天率も割と高く、混雑もなくのんびり楽しめて、個人的にはオススメの時期です。

あ、ご覧のように場所によっては学生で賑わってますけどね。(笑)

リバートレッキング出発前。みんなまだ「暑い~」と言ってます。
リバートレッキング出発前。みんなまだ「暑い~」と言ってます。

リバートレッキング体験中。
リバートレッキング体験中。

リバートレッキング体験後。「寒い~」に変わりました。(笑)
リバートレッキング体験後。「寒い~」に変わりました。(笑)

学習プログラム
http://moku2-outdoor.com/stdprogram.html

(りょう)

ちょっとマイナー?な額取山(安積山)登山

数年前から長岡市のアウトドアショップ「パーマーク」の登山ツアーのガイドをしています。何時もは秋ですが、大好評と言うことで春も実施することになりました。例年ヤマツツジが見ごろを迎える御霊櫃峠付近ですが、今回は強風!それも半端無いほどの超強風で千鳥足?状態でのガレ場登りになりました。それでも、一つ尾根を越え樹林帯に入ればそれも収まり、足元に咲くミヤマキンバイや時期外れのカタクリ等見る余裕もでき一安心。頂上からの展望は郡山市内を一望・・・とはいきませんでしたが参加者全員ご覧のポーズ(写真参照)で満足顔でした。帰りは勿論、温泉(志田浜温泉)で汗を流してビール飲んでソフトクリーム食べて・・・無事終了。 次回は臨時開催で6月の雄国山、ニッコウキスゲにはちょっと早い時期ですがレンゲツツジに期待です。
頂上ではみんな元気です
変な奴もいますが元気にポーズ!頂上ではみんな笑顔になります。

もく

今日あっち行って、こっち行って・・・歩きました

朝から霧雨の1日がスタートしました。天気予報では晴れマーク!まっ、大丈夫でしょう。
午前は大熊町の小学生たちと五色沼散策です。ガイドをしたと言うより殆ど引率者状態で小学校の先生気分です。とんちんかな質問や「ねえ、ねえ・・・」と袖を引っ張られたり、何時もとちょっと違うガイド体験でした。散策中元気一杯!・・・なのは前半だけで、途中から「おやつは??」、「お昼まだ~」と電池切れ状態に。でも、4km頑張って歩いたよね!
とにかく元気

午後からは日曜日の登山コースの下見で額取山へ移動。着いたのが13:00を過ぎていたので走った、走った。何時もの「今日やっても明日リート・・・」なんてギャグを飛ばしてる暇なく走りました。と言うことでおまけの方向でした。
山頂風景

もく

修学旅行初日はカヌー体験・・・

先週からスタートした教育旅行プログラム、今日は千葉県旭市立第二中学校でした。毎年もくもくの体験プログラムを利用していただき、プライベートネタですが数年前まで友達が教頭をしていた学校です。私の担当はカナディアンカヌー、35名18艇という大所帯、別グループがカヤック体験をしているので曽原湖はグチャグチャ状態。でも、この時期裏磐梯に子供たちの歓声が響き渡るのは良いですね。(バス釣りの方ご迷惑かけました) 
曽原湖カナディアンカヌー体験
これから教育旅行の受け入れのピークを迎えますが、これからの時期丁度梅雨とぶつかるので毎回天気図とにらめっこです。修学旅行の思い出、青空のしたで造っていきたいですよね。

もく

ビッグマウンテンに挑戦!

昨日は新緑眩しい裏磐梯から少し足をのばし、シーズン最後のバックカントリーツアー「Step6 ビッグマウンテンに挑戦!」。
・・・の予定でしたが、諸事情により飯豊山登山ツアーに変更になりました。

南東北・福島・会津の名峰に登る
http://moku2-outdoor.com/mountaineering.html#meihou

平地は晴れ予報ですが、山ではそううまくは行かないもの。
登りは雨が降りっぱなし。遠い主稜線はどこまでも分厚い雲に覆われ、天候回復の兆しは見られず。

登りは雨が降りっぱなし。
登りは雨が降りっぱなし。

カタクリやイワウチワを愛でながら進む土と雪のトレイル。
標高を上げれば足元は新雪。深いところで足首上ほどの。
6時間以上かけてなんとか主稜線まで辿り着いたものの、視界はご覧のとおり。

視界ゼロの主稜線にて。
視界ゼロの主稜線にて。

残念ながら主稜線で時間切れ撤退。
下山途中に振り返ると、主稜線がクッキリ。まぁ、そんなもんですよね。(笑)
そして、下山後はもちろん温泉でゆっくり汗を流し、11時間以上の充実した山行の疲れを癒しました。

下山途中に振り返ると、主稜線がくっきり。
下山途中に振り返ると、主稜線がくっきり。

行き先と道具は違えど、ビッグマウンテンに挑戦した一日。
皆さん、今回滑れなかった鬱憤は次の月山裏ツアー(?)で晴らしましょう!(笑)

バックカントリースノーボード
http://moku2-outdoor.com/bc-snowboard.html

(りょう)

リバトレスタートします

リバトレの下見
雪あそびが終わったと思ったら、雪解け水の中を歩くツアーが始まります。
学生対応のリバートレッキングです。
毎年先輩から後輩に、その過激な魅力が伝えられているせいか満員御礼です。
さっそく明日から始まるので、ryoと下見をしてきました。
ryoの背後にカモシカが
沢の対岸の上部にカモシカがいました。昨年も出会ったヤツかもしれません。
私たちが去るまで、じっと動きません。
カモシカです
かなり大きな個体です。
刺激を与えないように、静かに前に進みます。
こんなこともします
こんな淵で飛び込んだり、流れたり、まだかなり冷たい清流ですが、明日からスタートします。

あかぬま

賑やかな学生たちとトレッキング

複数の体験が同時実施でき、大人数でも対応している「教育旅行プログラム」は裏磐梯へ訪れる学校に好評を得ています。今日は銚子市立第一中学校の生徒たちと自然観察をしてきました。コースはレンゲ沼・中瀬沼探勝路、狭い範囲に裏磐梯らしさが詰まった私の好きなコースです。
賑やかな女子グループ
それにしても今時の女子中学生はよく笑い、よくおしゃべりをして、楽しそうですね。ガイドしながらこっちが楽しい時間を過ごさせてもらいました。 ありがとう!

もく

品川区立中学校実地踏査

もくもく自然塾として活動する以前から個人的にガイドをしている品川区立中学校の実地踏査で雄国山(沼)へ行ってきました。コースはあまり利用することのないラビスパ~湿原~雄子沢で登りが長く、樹林を歩くコース、特に今日は各地で今年最高気温を記録した事もあり久しぶりに汗を絞られました。でも、頂上からの眺めは抜群!雪をかぶった飯豊連峰が手の届くところに見え、水を張った水田が広がる会津盆地も光っていました。花にはまだ早いこの時期ですが、人も少なく一人静かに(そう言えばヒトリシズカも見頃です)歩くには最適です。次にこのコースを歩くのは来月中旬、賑やかな学生たちと花が見頃・・・楽しみです。
リュウキンカは今が見頃
リュウキンカが静かに咲いていました。
ニリンソウも・・・
雄子沢沿いに咲くニリンソウも今が見頃・・・

もく

いよいよ始りました、教育旅行体験プログラム

GWが終わり夏休みまでの間、一般のお客様の動きは今一つ・・・そこで裏磐梯を賑わすのが学生たちの修学旅行や移動教室です。震災前のレベルには程遠い数ですが、今年度は数十校の予約を頂き、今日からスタートしました。曽原湖に響き渡る子供たちの歓声、MTBを使い走り回る子供たち、「何これ?」の驚きの声・・・裏磐梯の初夏はこれでなくちゃね。
①
突然の突風にもめげず、笑顔で漕いでくれました。カメラを向けると「笑顔とピースサイン」以前と変わらない風景が広がりました。
②
後半は風も止み、青空も顔を出してくれました。 

教育旅行プログラム:http://http://www.moku2-outdoor.com/pdf/taiken2013.pdf

もく

爽やかな季節を遊べ!

まだまだ桜咲く裏磐梯。
少しずつ春もみじが目を楽しませてくれるようになり、新緑が眩しい季節が近づいてきています。

この季節ならではの爽やかな空気に包まれながら楽しむアウトドア。
ここ数日は、クライミングにカヌー、MTBと、アドベンチャーレースのごとく道具を目まぐるしくかえて遊んでいます。

人工壁でクライミング。
人工壁でクライミング。(11日)

平日のカヌー体験、こっそり開催中。
平日のカヌー体験、こっそり開催中。(12日)
※夏休み期間以外は基本的に土日祝日の開催ですが、対応できる場合もありますので遠慮なくご相談ください。

カヌー・カヤック
http://moku2-outdoor.com/canoe.html

MTBサイクリング。教育旅行もシーズン突入。
MTBサイクリング。教育旅行もシーズン突入。(13日)

学習プログラム
http://moku2-outdoor.com/stdprogram.html

道具が変われば使う筋肉も違うもの。
春になり木々が目覚めていくように、冬の間鈍っていた身体が少しずつ目覚めていくのを感じる日々です。

懸垂下降中におちゃらける人。
懸垂下降中におちゃらける人。

そして、今週末はシーズン最後のバックカントリーツアー。
道具どころか、もはや季節すらも入り乱れてますね。(笑)

バックカントリースノーボード
http://moku2-outdoor.com/bc-snowboard.html

(りょう)

3度目の正直も叶わず・・・ 月山ツアー

「3度目の正直」なのか、「2度有ることは3度有る」なのか、スキーツアーを締めくくる宿恒例月山スキーツアーですが、今年も悪天候にやられました。スマホの天気予報では上空に高気圧が広がって晴れているはずが、数十メートル先も見えないほどのホワイトアウト。リフト乗車中も「今日は危険なのでスキーツアー及び登山は控えてください」と繰り返し放送していて、それを無視して行く訳にもいかず3年連続の中止となりました。鬼に笑われそうですが「来年は晴れると良いな」
この天気だもの・・・
リフト降りたらこの状態。一本滑って宴会へ突入しました。
新緑と残雪のコントラスト
宴会会場はブナの森、新緑と残雪が絶妙のコントラストを醸し出し、数十分前のホワイトアウトを忘れてしまいました。
まっ、打ち上げには最高のロケーションと言うことで・・・スキーシーズンお疲れ様でした。

もく

遊ぶ時は、即断即決!

GWも終わりビール飲みながら事務仕事をしていた昨夜、ふとTVに目をやると天気予報をやっていました。勿論、東北地方の予報で晴れマークが山形全県に。むっむっ??遊びのアンテナが動いてしまい・・・ とっ、言う訳で本日早出して月山に滑りに行ってきました
月山神社をバックにポーズ
ご覧の通り、予報はドンピシャの大当たり! 大汗掻いて頂上を目指しました。月山神社をバックに決めポーズ、この後お楽しみの大滑降が待ってます。
振り返ればマイシュプール
頂上直下からの華麗(加齢?)な大滑降写真は勿論無しですが、振り返ればマイシュプールがクッキリ。この後、姥ケ岳へ登りかえしてもう一本。 遊ぶ時は即断即決、何時遊ぶ?「今でしょ」

もく

楽しかったGW総決算!あれもこれも載せちゃいます

今月3日からスタートしたGW後半。それに合わせてもくもくのグリーンシーズンレギュラープログラムもスタートしました。思い起こせば1年前・・・昨年は氷が所々残り、冷た~い曽原湖で中止やキャンセルが相次ぎ、散々なスタートだったことを思い出します。でも、今年は大違い!少し肌寒い日もありましたが全プログラム実施でき、参加者の「楽しかった!」のお手伝いができ、スタッフにとってもホント良いGW&スタートが切れました。
三世代カヌーチャレンジ
5月3日
お孫さん+お父さん+おじいちゃん、3世代チャレンジです。この日は服装からも判るとおり、ポカポカ陽気でカヌー日和。パドルを持って漕いでいるのは・・・チビッ子君でした。
お友達ペア
お友達ペアは息もぴったり!湖面は風も無く鏡の様。この後リーダー交代で後半へ突入しました。
五色沼トレイルウォーク
5月4日
もくもくの人気プログラムはカヌーだけではないですよ。歩いて自然を体感する「トレイルウォーキング」も人気プログラムです。この日は裏磐梯の定番コース、五色沼を案内してきました。見てください、弁天沼の色!これぞ五色沼!晴れた日は沼の色もひときわ目立ちます。
家族でカヤック体験
午後はやっぱり湖の上に居ました。ご家族で初チャレンジ!ちょっとハニカミ屋さんのお姉ちゃんと元気一杯妹君。皆頑張って無事曽原湖一周ができました。
大家族だと楽しいね
5月5日
この日から雲行きが怪しくなり、風も出てきました。まっ、予報通りと言うことでさほど心配もしてませんが、参加者はちょっと不安顔・・・それも、時間が経つに連れ笑顔に変わってきたのは言うまでもありません。一人で漕ぐと結構暑くなるのです。
素敵なカップルさん
バックの低い雲を見れば天気はご想像の通り。でも、そんな事にもめげず笑顔でピース!素敵なカップルさんでした。でも、彼氏さん!彼女をほったらかしで一人で楽しんでませんでした??
チビッ子パワー炸裂!
姉妹ペア、息もぴったり
5月6日
さっ~最終日です。今日は上りの渋滞がピークというニュースが流れていましたが、そのせいか曽原湖も釣り客も少なく、絶好の・・・と言いたいところですがスタート直後の時間帯に強風が抜け、みなさん必死に漕いで楽しむところではなかったようです。でも、休憩後の後半は風も止み、やっと笑顔で余裕の笑顔。やっぱりこれでなくちゃ!

GWも終わり次の長期休暇は夏休み・・・でも、裏磐梯はこれから新緑、山菜、タケノコ、花に包まれ、楽しい時期がやって来ます。人も少なく、の~びり派にはこれからがお勧めです。また遊びに来てください。

登山:http://http://www.moku2-outdoor.com/mountaineering.html
トレッキング:http://http://www.moku2-outdoor.com/trekking.html

もく

一足遅い裏磐梯の春

一足遅い裏磐梯の春。
ひと月前まで雪に埋もれていた五色沼自然探勝路にも、はっきりとした春の到来を感じさせる今日のプライベートツアーでした。
弁天沼
九州からおいでになられたMさんご一行は、ひと月遅れの春を堪能していました。
イタヤカエデ
一番最初に見つけた花は、探勝路に落ちていた黄色い花でした。また緑の葉もほとんど芽吹かないのに、いち早くイタヤカエデの花が咲いていたのです。
ヒメイチゲ
この小さい白い花はヒメイチゲ。5ミリ程の小さい花は、見つける気で歩かないとなかなか目には止まりません。
オニシダ
このモジャモジャしたモジャオ植物はオニシダの広がる前の状態です。
こんな感じで、裏磐梯に春がやってきました。

あかぬま

裏磐梯の桜

ワタナベ@ポンコツです。
ギックリ腰のためしばらく療養してました。(苦笑)
皆さんもお気をつけください。

と、まあ、暗い話題は置いといて。

明日からいよいよカヌー・カヤック体験が始まります
前回の裏磐梯日記では「ゴールデンウィークにお花見カヌーが楽しめるかも!?」なんてことを書きましたね。

で、実際にはどうなの?

今日現在、裏磐梯の道端の桜はすでにあちこち咲いているところもあります。
肝心の曽原湖畔の桜は・・・つぼみ~開きかけ。この連休中にはなんとか咲きそうな気配です。
皆さん、お花見カヌーのチャンスですよ!

カヌー・カヤック
http://moku2-outdoor.com/canoe.html

ちなみに、湖畔のミズバショウは見頃です。

曽原湖畔の桜は、つぼみ~開きかけ
曽原湖畔の桜は、つぼみ~開きかけ

(りょう)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。