スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラッシックルートでテレマークツアー Step6

冬の天気は気ままです。晴天下でのツアーを期待したいのはやまやまですがなかなか期待通りにいかないもの、まして週末に期待するのは更に難しいものです。今回も土曜日は晴れ、日曜日は強風&雨の予報、こりゃ、1日に賭けるしかないでしょ。
雄国沼も大丈夫
期待通りの晴天、どうだ!雄国沼の上もまだまだ大丈夫。天気が良いと会話も弾み、笑顔で足取り軽やか。やっぱりツアーは青空が最高!
天気が良いと足取り軽やか
普段は息切らして目指す雄国山も写真を撮りながら余裕のよっちゃん!でも、暑い!アウター脱いでも汁だく??じゃなかった汗だくになりました。
久しぶり頂上で昼食
久しぶりの頂上で昼食です。何時もは風の中シール剥がして、即スタートしているのに。見下ろす雄国沼と会津盆地、北西側には雄大な飯豊連峰、そして吾妻の山々も手が届きそうなところに見えました。裏磐梯でのレギュラーツアー最後を飾るのにふさわしい天気でした。さっ~て、来月からは浄土平ツアーだ!お楽しみに。

ネイチャースキーツアー:http://http://www.moku2-outdoor.com/nature-ski.html

もく
スポンサーサイト

裏磐梯山岳耐久レース2014

裏磐梯山岳耐久レース2014

------------------------------------------------------------------------

自然の中での遊びは自己責任

数多ある過保護なトレイルレースへのアンチテーゼ。
コース案内、補給一切なし。自分で必要な荷物をすべて背負い、自分で地図を読みながら進む。
初秋の磐梯エリアを舞台に繰り広げられる過酷なアドベンチャー。
裏磐梯山岳耐久レースは、あなたの野性を刺激する真の山遊び人のためのノンサポート・トレイルレースです。

------------------------------------------------------------------------

2014年大会の速報です。

開催日は、9月20日(土)~21日(日)
今年のコース設定は、現時点では67.6㎞または74.6㎞のどちらかになる予定。
インターネットでの申込受付を4月下旬に開始できるように準備を進めております。

皆さん、ちゃんと予定を空けておいてくださいね。(笑)

裏磐梯山岳耐久レース(2013年大会)
http://moku2-outdoor.com/event.html

(大会実行委員長)

バックカントリー臨時開催4days

23日(日)から始まったバックカントリーツアー臨時開催4daysが、昨日で終了しました。
とにかくいろいろな意味で中味の濃いツアーになりました。ガイドにとっても学ぶことの多い4日間だったように思います。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

ランチタイム(24日)
ランチタイム(24日)

オープンバーンを2回おかわり(25日)
オープンバーンを2回おかわり(25日)

冬山のリスクについて学ぶ(26日)
冬山のリスクについて学ぶ(26日)

以下、今後のバックカントリーツアーの予定です。
3月29日(土) 「Step3 定番ルートを体験!」(雄国エリア)
3月30日(日) 「Step4 ロングルートを体験!」(???エリア)
4月5日(土)~6日(日) 「遠征ツアー」※Step4レベル
4月12日(土) 「Step2 裏磐梯流ツリーラン満喫!」(吾妻東エリア)
4月13日(日) 「Step3 定番ルートを体験!」(吾妻西エリア)
4月19日(土) 「2014シーズン打ち上げツアー」※Step3レベル
4月20日(日) 「もくもく春の雪まつり」※Step1レベル
4月26日(土)~5月6日(火・祝) 臨時開催を毎日受付
5月10日(土)~11日(日) 「Step6 ビッグマウンテンに挑戦!」(???エリア)

ここのところ暖かい日が続いていますが、まだまだ雪遊び全開で行きますよ~。
平日の臨時開催は、2名以上から随時受付中です。

(りょう)

今冬最高気温?ポッカポカのイエローフォールツアー

「今日は気温が上がり、会津地方では今年最高気温の予報・・・」と朝の天気予報で言っていたのが、ズバリ大当たり!ポッカポカでした。アウター要らず、手袋要らずでホントに今年最高気温間違いなしでした。でも、そのお蔭?でご覧の通りホワイトフォール化したイエローフォール、今月一杯はもってほしいですね。
青空に映えるホワイトフォール?

スノーシュー:http://http://www.moku2-outdoor.com/snowshoe.html

もく

シーズン最後の連休 ネイチャースキーツアー

「暑さ寒さも彼岸まで」のことわざ通りにいかないのが自然界、この連休も真冬を思わせるような寒気と風!でも、見方を変えると「この時期にパウダー??」と言うことになり、これはかなりラッキー!だったんじゃないかな。
欄干の上まで積雪が・・
こちらはStep1の一コマ。結氷した桧原湖を歩いたり、森の話、噴火の話をしながらの~んびり時間を過ごすツアーです。白樺橋だって欄干の上まで雪が積もってます。ポーズを取るのもドキドキだった様です。
ブナ森ツリーラン
ご存知ブナ森ツリーランの一コマ。霧氷の中をウヒョウ?と言いながら登り、奇声を発しながらのパウダーツリーラン、ん~癖になってます。
通常ならシーズン締めくくり・・・と言う時期ですが、ツアースキーはこれからまだまだ本番!雪を求めて北へ北へ、高いとこ高いとこへ移動します。 
磐梯吾妻スカイラインの開通が4月8(火)に決まり浄土平の春ツアーが始まります。まだまだ滑るぞ!

ネイチャースキーツアー:http://http://www.moku2-outdoor.com/nature-ski.html

もく

秘密基地

まず、いい場所を選定する。
せっせと雪を掘って風上側に防風壁を作りつつ、平らに整地。
今日の寝床を立てて張り綱で固定し、靴脱ぎ場を掘ったら完成。

テント設営中。
テント設営中。

今シーズンからの新プログラム、テント泊冬山登山ツアー。
昨夜の暴風雪の中でも、快適に過ごすことができました。

会津の名峰に登る・冬
http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html#meihou

冬のテント設営作業は、子供のころに秘密基地を作った感覚に似ています。
あの頃のワクワクした気持ち、思い出せますよ。(笑)

昨夜の秘密基地。(笑)
昨夜の秘密基地。(笑)

(りょう)

花は咲けども雪遊び

先週末はバックカントリー三昧でした。

バックカントリースノーボード
http://moku2-outdoor.com/bc-snowboard.html

金曜日は「Step3 定番ルートを体験!」を臨時開催。
山頂は強風に視界不良。楽しみにしていたオープンバーンはあきらめ、悪雪のツリーランで大腿四頭筋をイジメぬきました。(笑)

この辺はそれほど悪くなかった。(14日)
この辺はそれほど悪くなかった。(14日)

土曜日は「Step1 はじめての裏磐梯バックカントリー」。
まずは座学で冬山のリスクについて学び、しっかりビーコントレーニング。
悪雪でより難易度がアップしたツリーランに悪戦苦闘しました。

土日とも満員御礼!(15日)
土日とも満員御礼!(15日)

日曜日は「Step2 裏磐梯流ツリーラン満喫」。
湿雪が降り続く一日。昼食は小屋の中で快適に。
前日までの悪雪は卒業し、足裏に感じる重パウダーの感触に心が躍りました。

重パウ満喫!(16日)
重パウ満喫!(16日)

高知ではソメイヨシノが開花したようですが、ここ裏磐梯はまだまだしばらくは雪遊びの季節。
以下、今後のバックカントリーツアーの予定です。

3月23日(日) 「Step2 裏磐梯流ツリーラン満喫!」臨時開催(猫魔・雄国エリア)
3月24日(月) 「Step2 裏磐梯流ツリーラン満喫!」臨時開催(猫魔・雄国エリア)
3月25日(火) 「Step3 定番ルートを体験!」臨時開催(吾妻西エリア)
3月26日(水) 「Step1 はじめての裏磐梯バックカントリー」臨時開催(猫魔エリア)
3月29日(土) 「Step3 定番ルートを体験!」(雄国エリア)
3月30日(日) 「Step4 ロングルートを体験!」(???エリア)
4月5日(土)~6日(日) 「遠征ツアー」※Step4レベル
4月12日(土) 「Step2 裏磐梯流ツリーラン満喫!」(吾妻東エリア)
4月13日(日) 「Step3 定番ルートを体験!」(吾妻西エリア)

(りょう)

冬?、春?目まぐるしく天気が変わる裏磐梯

日曜日のツアーは吹雪の中実施しました。昨日は絶景のイエローフォールツアー!そして今日は・・・大雨です。
関東では春一番が吹きぬけたそうで、少しずつ春に近づいています。
横浜からのSさんご夫婦
横浜からのSさんご夫婦。前日にホテルのポスターを見て参加を決めたそうで、ご本人曰く「今年は何処へ滑りに行っても天気が良いんです・・・」私も晴れ男ですが、今日はSさんパワーに脱帽です。
この絶景!
天気が良いと足取りも軽やか、自然と目線が上がります。景色に見惚れてペースが上がらないのが???

3月も後半になり、イエローフォールの色も白くなり春を感じます。でも、この絶景見たさにこの時期に訪れる人も多く、まだまだ賑わうイエローフォールツアーです。スキー場営業中に是非どうぞ。

スノーシューツアー:http://http://www.moku2-outdoor.com/snowshoe.html

もく

猫魔平ツアー「ブナの巨樹街道を歩く」に行ってきました

うさぎ尾根にて
猫魔平ツアー「ブナの巨樹街道を歩く」に行ってきました。先月は大雪の為に中止となりましたので、満を持しての開催です。この日は願ってもなかなかお目にかかれない霧氷のブナの森が迎えてくれました。若い二次林は、目線に細い枝を広げるので、この時期だけのご褒美です。
休憩舎
休憩舎の雪を見ると、まだまだいけそうな今年の山です。
倒木の前にて
大きなブナが倒れてその上には見事に雪が積もりました。
パンフレット表紙の夫婦ブナ
今年度のパンフレット表紙になっている夫婦ブナにも行ってきました。若いブナから年老いたブナまで、魅力いっぱいの猫魔平を楽しみました。

あかぬま

スノーシューイエローフォール Wヘッダー&プラス1

やっぱり週末は参加者が多くなり、各プログラム大忙しです。この週末も全スタッフあっち行き、こっち行きでバタバタ過ごしました。私も家に居るよりイエローフォールに居た時間の方が長いんじゃないかな?と言うくらい。スキー場スタッフにも「まだ居るの?」と言われるくらいでこうなればガイド冥利に尽きる・・・かな?
15日amツアー
15日午前は元気一杯若者2グループ。ポーズも決まってます。でも・・・イエローフォール?がホワイトに。まっ、3月も中旬になればしょうがないかな。
15日pmツアー
午後は以前、五色沼にご参加いただいたFさんグループと男闘呼組、全部で8名の満員御礼ツアーでした。午前に比べ少し天気が崩れましたが、ご覧の通りえ・が・お・・・でポーズ!
定番、絶叫滑り台
もくもくのツアーと言えばやっぱりこれでしょう。定番、絶叫滑り台。バーンが締まり、うっすら新雪・・・高速滑り台に早変わりです。
元気一杯、熟年グループ
そして、今日は熟年山の会のガイドでした。晴れの予報も大ハズレでしたが、人生経験豊かなみなさんはそんなことものともせず、おじさん&おばさんパワーで全開!また来年来ますと言ってくださいました。お待ちしてますよ。

http://http://www.moku2-outdoor.com/snowshoe.html

もく

世界に1つだけの板

昨日のバックカントリーツアー臨時開催は、ひさしぶりの裏磐梯ディープパウダー復活!でした。

実はここのところちょっと降りすぎてまして、ツアー当日のハイクを楽にするために前日にスプリットボードで踏んでおいたのですが・・・更なる積雪増でまったく意味なし!
一人、膝下~股下ラッセルで頑張ったんですけどね~。(苦笑)

ディープパウダー満喫な一日
ディープパウダー満喫な一日(12日)

とはいえ、滑りながら思わずニヤニヤしてしまうコンディションの一日。
積雪がかなり不安定な状態だったため、いつもとライン取りを変えて満喫しました。

バックカントリースノーボード
http://moku2-outdoor.com/bc-snowboard.html

そんな“深すぎるパウダー”を楽しませてくれたのがこの板。
AVANTGARDEさん提供の渡邊シグネチャーモデル、その名も「磐梯山」(URABANDAI SP Ryo Watanabe MODEL)。

AVANTGARDE「磐梯山」(URABANDAI SP Ryo Watanabe MODEL)
AVANTGARDE「磐梯山」(URABANDAI SP Ryo Watanabe MODEL)

ご覧ください、このテールの形状を。
そう、裏磐梯側から見る「磐梯山」そのものです。ちゃんと櫛ヶ峰と磐梯山で高さが違います。(笑)

そんな見た目の奇抜さとは裏腹に、今まで長年使ってきたような違和感のない乗り心地と操作性のよさ。
そして、ディープパウダーでもしっかり浮いてくる感覚。

「裏磐梯エリアのディープかつタイトなツリーランを、高速かつダンサブルに楽しむ」をコンセプトに作られた、パウダーにもハードバーンにも対応できる1本です。

AVANTGARDE
http://naturestime.com/avantgarde.html

世界に1つだけの板・・・興味がある方はぜひ。

もちろん、一番似合う場所にも連れて行きました。(笑)
もちろん、一番似合う場所にも連れて行きました。(笑)

以下、今後のバックカントリーツアーの予定です。
Step1の平日臨時開催が追加になりました。今度こそシーズンラストチャンスかも?

14日(金) 「Step3 定番ルートを体験!」臨時開催(吾妻西エリア)
15日(土) 「Step1 はじめての裏磐梯バックカントリー」(吾妻山麓エリア)
16日(日) 「Step2 裏磐梯流ツリーラン満喫!」(猫魔・雄国エリア)
24日(月) 「Step2 裏磐梯流ツリーラン満喫!」臨時開催(猫魔・雄国エリアを予定)
25日(火) 「Step3 定番ルートを体験!」臨時開催(吾妻西エリアを予定)
26日(水) 「Step1 はじめての裏磐梯バックカントリー」臨時開催(猫魔エリア)
29日(土) 「Step3 定番ルートを体験!」(雄国エリア)
30日(日) 「Step4 ロングルートを体験!」(???エリア)

(りょう)

晴天の遊国山スノーシューツアー

パソコンがつながらず、更新できなかった先週のスノーシューツアー、やっと書くことができました。
写真を見ただけで楽しさが伝わる・・・と言うのは良くあることですが、今回の「雄国山絶景ツアー」はその名前の通り、まさしく絶景に魅了された1日でした。
霧氷だらけ
樹林の急登を汗を流しながら登りきると、この風景!疲れがいっぺんに吹き飛びました。前日からの吹雪も止み、木々には花が咲いたような霧氷が。勿論、足を止め撮影タイム!
足並みもそろってました
頂上へ向かう稜線だってこの通り!見下ろすば雄国沼、振り返れば会津盆地、目指す頂上まであと少し。
この青空だもの・・・
頂上ではご覧の通り、参加者全員笑顔でポーズ!文句の付けようがない最高のツアーでした。もしかしたら今シーズンBEST3に入るんじゃないかな。 これだからツアーは辞められない・・・ですよね。

スノーシュー:http://http://www.moku2-outdoor.com/snowshoe.html

※浄土平スノーシューツアー:磐梯吾妻スカイライン開通が4月8日(火)に決定しました。予約好評受付中!

もく

究極の笑顔と青空と・・・・

青空に映える極上の笑顔!今回で2度目のプライベートツアーです。前回は3年前の3月11日、雄国沼のスノーシューツアーででした。2:46、揺れを感じることなくそれまで青空が広がっていた空が急に曇り、強風が駆け抜けたのを覚えています。ペンションに戻って大惨事の事実を知り、取りあえず猪苗代駅まで送り、そこからタクシーで郡山駅まで出たそうで、そこでホテルのロビーで足止め3日間だったそうです。 無事戻ってから連絡をいただいたのでその辺の経緯は知っていましたが、やはり話題は「あの時」でした。3年が経ち、久しぶりに・・・という思いで再度遊びに来てくれました。
究極の笑顔
今回はイエローフォールツアーです。強風有り、彩雲有り、青空有り・・・何でも有!の目まぐるしく変わる天気でしたが、やっぱりオバサンパワー全開で雪雲を吹き飛ばしたようです。平日と言うこともあり他に2グループ(1グループはもくもくのレギュラーツアー)居るだけで貸切状態のフィールドを大満喫できました。

スノーシュー:http://http://www.moku2-outdoor.com/snowshoe.html

もく

裏磐梯バックカントリーの最高峰

前回(数年前)は、最大斜度約50°の難所に跳ね返され敗退を喫した通称“リベンジルート”。そこに再チャレンジしたのが、1日(土)の「Step4 ロングルートを体験!」。
そして2日(日)は、担当ガイドとっておきのルート“乳酸シュート”を攻めた「Step5 テクニカルルートに挑戦!」。

バックカントリースノーボード
http://moku2-outdoor.com/bc-snowboard.html

しばらくまともな降雪がなく、さらに気温の上がり下がりがあったため雪質が心配でしたが、思いのほか悪くはなく。
見事にリベンジも達成し、カモシカにも出迎えられ、裏磐梯バックカントリーの最高峰ツアールートを組み合わせた2日間は充実したものとなりました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

最大斜度約50°の難所。(Step4)
最大斜度約50°の難所。(Step4)

リベンジを達成し登頂!(Step4)
リベンジを達成し登頂!(Step4)

アルパイン的雰囲気。(Step5)
アルパイン的雰囲気。(Step5)

複雑な地形を楽しむ。(Step5)
複雑な地形を楽しむ。(Step5)

カモシカがお出迎え。(Step5)
カモシカがお出迎え。(Step5)

以下、今後のバックカントリーツアーの予定です。
12日(水) 「Step3 定番ルートを体験!」臨時開催予定(吾妻西エリア)
14日(金) 「Step3 定番ルートを体験!」臨時開催(吾妻西エリア)
15日(土) 「Step1 はじめての裏磐梯バックカントリー」(吾妻山麓エリア)
16日(日) 「Step2 裏磐梯流ツリーラン満喫!」(猫魔・雄国エリア)
29日(土) 「Step3 定番ルートを体験!」(雄国エリア)
30日(日) 「Step4 ロングルートを体験!」(???エリア)

しばらく雪予報が続いていますので、裏磐梯パウダー復活に期待したいですね。
Step1は今シーズン最後の開催となる予定ですので、この機会にぜひご参加ください。

(りょう)

登山者のモラル(1)

3月3日に塾Facebookページに掲載したコラムです。
かなりの反響があったため、一部わかりにくいところを修正してブログにも掲載します。

--

今日のガイド中、非常に不愉快な思いをしました。

ガイドツアーとわかっていてツアールートを付いてきて、「お先にどうぞ」と声をかけると「いえ、後を付いて行きますから」と平然と答える人。
「うちはガイドツアーなので先に行ってもらえませんか?」と言うと、「ここで休憩を取ります」と決して先に行こうとはしない。

こういった人たちに共通して言えることが「地図が読めない」ということ。
にもかかわらず雪山に入ってくるという、リスク管理意識の低さ。何が危険なのか想像ができないという未熟さ。
雪山は「誰かの足跡を付いて行けばいい」「どの山にも赤布がある」と本気で思っている人が実際に多いのですから驚かされます。

ガイドは、ルートガイディング能力やリスク管理能力、そのフィールドを楽しむためのノウハウなどの対価として、お客様にお金を頂いています。
特に、決まった“コース”というものがなく自分の判断で自由に歩くことができる雪山では、ルートガイディング能力が物を言います。

つまり、それに付いてくるという行為は言わば「食い逃げ」と一緒です。
お金を払っているツアー参加者に対しても失礼です。

こういったことはもちろん今回が初めてではなく以前からあったのですが、特にここ3年程の登山ブームでさらに多くなったように感じています。
同じように不愉快な思いをしているガイドさんは全国各地に多いのではないでしょうか?

こういった登山者のモラルの低さ、どうにかならないものでしょうか。

--

(りょう)

イエローフォールツアーは大盛況

1日午前のイエローフォール
今週末もイエローフォールツアーは大盛況。
上の写真は土曜日の午前のツアーです。
先週は気温が上がったせいか、滝が少し小さくなって色も薄くなってしまいました。
今週は毎日雪マークなので、大きくなることを願います。

1日午後のイエローフォール

土曜日の午後ツアーです。
雨が降るかと思っていたので、雪になってくれて助かりました。

2日午前のイエローフォール

日曜日の午前ツアーの参加者も、皆さん元気一杯でした。
楽しい時間を過ごせたようです。

あかぬま

春の兆し・・・青空の下ネイチャースキーツアー

3月になりました。と言うことは暦の上では春!今日はの~んびり歩く&滑るのネイチャースキーには最高の天気で、何時もの猫魔平ブナの森は最高のロケーション。午前のみのプライベートガイドだったので雪もサラサラ、パウダー感覚で楽しめました。
磐梯山までくっきり、ハッキリ!
磐梯山もクッキリ、ハッキリ!何時も遭える?カモシカ君は足跡のみで遭遇できませんでした。残念!
夫婦ブナの前で夫婦写真
こんなブナが沢山ある猫魔平。通称「夫婦ブナ」の前で参加者の仲良し夫婦の記念写真です。

暦の上では春ですが、裏磐梯はまだまだ「冬」営業中!積雪豊富なスノーフィールドへ・・・お待ちしてます。

スノーシュー:http://http://www.moku2-outdoor.com/snowshoe.html

もく

滑るって楽しいぞ!ネイチャースキー&スノーシュー

スノーシューツアーが充実しているもくもくのプログラムですが、個人企画としてネイチャースキーツアーをやってます。歩く+滑る&転ぶ?が楽しめる究極?の冬季プログラムで、今回は初心者対象のStep1,2の実施でした。
広~い桧原湖上
久しぶりの桧原湖上、前日の暖かさで表面に水が浮き、参加者「大丈夫ですか?」の声に「はい、多分・・・」このドキドキ感がたまらないですね。今年はワカサギが豊漁で、例年になくテントの多さが目につきました。
快適、ブナの森
2日目はお馴染み、ブナの森コース。ブナ好きには堪らない私の大好きなコースで、締まった雪の上にうっすら新雪が乗った絶好のコンディションで、楽しみの一つでもある転ぶ?ことも少なく、あっと言う間に下ってしまいました。
ハイポーズ!
元気なおばさんグループの「寝そべりポーズ」です。先週は関西系おばちゃん、そして今回は東京下町系オバちゃん、東西どちらも元気でした。
全員集合!
相変わらずの迫力満点!不動滝です。道路から駐車場まで除雪が済み、歩く距離が短くなってしまいましたがその分、ゆっくり歩けます。
今週から3月になり、スノーシーズンも残すところ1か月です。春の日差しを浴びて、最後のネイチャースキー&スノーシュー、楽しみませんか。

ネイチャースキー:http://http://www.moku2-outdoor.com/nature-ski.html
スノーシュー:http://http://www.moku2-outdoor.com/snowshoe.html

もく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。