スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23日のイエローフォール午前ツアーと五色沼ツアー

イエローフォール
23日のイエローフォール午前ツアーです。
いつの間にか色の濃い氷の滝に育ちました。
今週はどんな感じになっているのでしょうか。
楽しみです。
イワガラミ
午後の五色沼ツアーに行ってきました。
時には不思議な写真をお見せしましょう。
イワガラミです。
ツルアジサイに比べると少ないですが、五色沼自然探勝路のコースを少し外れるとあったりします。
冬の五色沼には、こんな植物を見つける楽しみもあるんです。

あかぬま
スポンサーサイト

育ち盛り

あいかわらず毎日フィールドに出ているワタナベです。

この1週間ほどで、

バックカントリースノーボード」を1回
「クロカンレッスン&ツアー」(※裏プログラム?です)を1回
森と湖上のネイチャーツアー」を2回
イエローフォール・磐梯山ジオツアー」を4回
厳冬の不動滝・ブルーアイスツアー」を1回

を担当しました。
さらに、バックカントリーツアーの下見に2回行ってます。

バックカントリーツアー(20日)
バックカントリーツアー(20日)

クロカンレッスン&ツアー(21日)
クロカンレッスン&ツアー(21日)

イエローフォールツアー(22日)
イエローフォールツアー(22日)

裏磐梯にはブルーフォールもあります(25日)
裏磐梯にはブルーフォールもあります(25日)

実は、最近少し悩んでいます。

けっこういい歳ですが、毎日4食食べます。
おやつもガッツリ食べるので4.5食と言ってもいいかもしれません。
この溢れんばかりの食欲を抑えられません。
次回ツアーでお会いするときには、身長が185㎝くらいまで伸びてるかもしれません。うふ。

えーと、前置きはこのへんで。

昨日から気温が高い日が続いています。
今日は湿雪雪崩があちこちで見受けられたので、ルートや休憩場所の選択に注意が必要です。

(りょう)

春の日差しを受けポカポカの不動滝

今日は春ツアーを思わせる天気のなか、不動滝へ行ってきました。水量は雪解けが進んでいるのか先週より多いかな?参加者は大阪からのご夫婦、あれ?先週も関西からの団体さんだったような・・・でも、今日はオバちゃん系ではなく山歩きと写真がご趣味と言うことで話が弾むツアーになりました。
水量が多く感じるのは春が近いから?
ご覧の通りアウター無しの薄着で参加でOK!ホント暖かでした。でも、雪が団子になって歩きづらいこと・・・
空も高いです
ミズナラの降りも快適でした。バックの青空が今日の天気を物語っているでしょ!

スノーシューツアー:http://http://www.moku2-outdoor.com/snowshoe.html

もく

スノーシューにネイチャースキー・・・大忙しの一週間でした

天気に左右される冬の外遊びですが、この一週間は比較的安定していたので楽しくお仕事ができました。来週はもう3月、暖かな日が多くなり春の兆しを感じながらのツアーになります。
関西からの賑やかな団体さん、オバちゃんパワー炸裂?
やっぱり何処へ行っても元気なのがオバちゃんパワー!それも関西系だとなおさらです。前日までの悪天候も吹き飛ばし青空満開のツアーになりました。フカフカ雪に歓声が上がり、熊棚を見上げて驚き、転んでは大騒ぎ・・・私の方が楽しませてもらいました。
いつものメンバーといつものコースで・・・
私が企画するネイチャースキーツアーはリピーターが多く、私同様「裏磐梯大好き!」な人が参加してくれます。今回は参加者全てがリピーター&顔馴染みと言うことで大いに盛り上がりました。私も仕事を忘れ(何時もだろ??)楽しでしまいました。
パウダーは辞められない!
冬型の気圧配置・・・と言うことはパウダーに期待が膨らみます。ご覧の通り、スムーズなターンとシュプールが雪質の良さを物語っています。これだからパウダーは辞められない!ワンランク上の滑りが楽しめました。
こんな日ばかりだと楽しいけど・・・
平日のスノーシューは熟年ご夫婦の参加が目立ちます。私も少し年下の同世代と言うこともあり、得意?のおやじギャグに磨きがかかります。それはともあれ、久しぶりの青空!イエローフォールも見ごたえ十分(電池切れで写真無しです)やっぱり外遊びは青空に限る!

ネイチャースキー:http://http://www.moku2-outdoor.com/nature-ski.html
スノーシュー:http://http://www.moku2-outdoor.com/snowshoe.html

もく

穏やかな五色沼ツアー

青沼にて
穏やかな木曜日。
五色沼ツアーには、千葉県からIさんご夫妻が参加されました。
先週の大嵐の影響か、雪面一帯にはアカマツの種子が飛び散っています。
いたるところに野鳥の足跡があって、飛び立つ時に広げた羽の跡がが雪面にクッキリ残っていました。
るり沼
るり沼の背後に磐梯山が見えて、大満足なツアーのようでした。

http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html#goshiki
 
あかぬま

ウェア選択の重要性

南岸低気圧にしてやられた翌日。
週末に中止になったバックカントリーツアーのリベンジのつもりだったんですが、コテンパンにヤラレてきました。

ダルマストーブとフィッチバーグジャケット

今まで何十回と登っている山だが、この日は自分史上最強最悪。
まるで洗濯機の中にいるようにコロコロと変わる風向き。いつどの方向から暴風に襲われるかわからず、まともに立っていられない。

思うように歩けないこういうときは、とにかくイライラする。
「クソ!」「腹立つ!」「うるせー!」と悪態をついても、暴風が治まるわけもなく。
どう抗ってもこれ以上前には進めず、登頂はあきらめる。

ホワイトアウトの中を暴風に何度も倒されながらドロップできそうなポイントまで下る。
板が飛ばされないように踏みつけながら準備。サングラスをゴーグルに替える一瞬でまつ毛が凍りつき、目が明かない。

なんとか真っ白な世界へと板を走らせた。
そこで待っていたのは素敵な初体験。凄まじい向かい風に、カラダがボードを履いたまま逆に斜面を登って行くではないか。
風が弱まるタイミングをみて滑っては、再び向かい風に戻される。その繰り返し。

手と顔が凍傷になりそうになりながらようやく辿り着いた山小屋。
ダルマストーブの温もりは、この日初めて感じたやさしさ。

そんな過酷な環境の中をここまでサポートしてくれたウェアは、Columbiaさん提供のフィッチバーグジャケット(36,750円)&フィッチバーグパンツ(30,450円)。
優れた防水性と透湿性。肩や肘の立体裁断がバックカントリーでの激しい動きを邪魔しません。
ミドルウェアにソフトシェル(もちろんColumbia)を合わせることにより、まったく寒さを感じることがありませんでした。

コロンビアスポーツウェア
http://www.columbiasports.co.jp/

過酷な環境にさらされることの多い山遊び。
ウェアの選択が重要です。

(りょう)

南岸低気圧通過後の裏磐梯・・・

先週末は如何お過ごしだったでしょうか?なんて呑気なこと言ってる場合じゃなく、東日本ではJR,高速道路の通行止めが相次ぎ、大混乱。裏磐梯もすべてのスキー場が強風で閉鎖という事態になり、せっかく週末を楽しみにしていた人たちをガッカリさせました。さて、そんな週明けの今日、イエローフォールへ行ってきました。スタート時こそちょっと心配な天気でしたが、歩き始めるころには安定し時折青空も・・・
こんな出会いがあるから・・
歩き始めて直ぐにカモシカの足跡発見! 話し始めてふと目線を上げると「居た!」こっちを向いてにらめっこ状態でした。こんな出会いがあるから山歩きは辞められません。今日の参加者、ラッキー!
少し晴れ間も・・
雲の間から火口壁が見えたので「ハイポーズ」。あれ?イエローフォールの写真は?あの~、前日までの強風で着雪してしまい真っ白!お見せできる状態ではないので今回はパスしました。 これからに期待しましょう。

スノーシュー:http://http://www.moku2-outdoor.com/snowshoe.html

                                                      もく

南岸低気圧の影響

今日から予定していた山小屋泊バックカントリーツアー。
南岸低気圧の影響で皆さん集合場所に辿り着けない可能性があるため、中止を決断。

朝イチで、小屋にキャンセルの連絡を入れました。
馴染みの小屋で、カレー大盛り3杯食べて温泉にゆっくりつかって皆さんと楽しい夜を過ごしたかったんですが、残念です。

とりあえず、明日の1day開催予定に変更。
明日は皆さんにこんなところを楽しんでもらえることを祈っています。

バックカントリースノーボード
http://moku2-outdoor.com/bc-snowboard.html

こんなところを楽しんでもらえるをこと祈ってます
こんなところを楽しんでもらえるをこと祈っています。(先日の下見にて)

各地で大雪の影響がかなり出ているようですね。
高速道路もあちこち通行止めのようですので、皆さん気をつけてお過ごしください。

(りょう)

よいガイドはお腹で判断できる?

今日はイエローフォールをご案内。
気づけば、ツアーの下見や出張を含め今日で17連勤。
中瀬沼、五色沼、不動滝、イエローフォール、学生の体験といった平地のスノーシューガイドから、西大巓登山やバックカントリーガイドまで、毎日フィールドに出られるという幸せ。(笑)

自然環境は日々変化します。
この、ガイドがフィールドに出る頻度が、実はツアーの安全にもつながります。
「ルートの積雪量は十分か?」「湖沼の結氷具合は安全か?」「ツリーホールは抜けないか?」「雪崩の危険性はないか?」etc.
それはフィールドの安全を確認している頻度でもあるからです。

その頻度をガイドの外見で判断する方法があります。
それは、ガイドのお腹を見ること。

もちろん加齢とともに多少お腹が出ることはありますが、日々動いているガイドであれば60代でもそれほど極端に出ることはありません。
実際に、知り合いの50代~60代の先輩ガイドの皆さんも、スラッとしたスタイルのいい方がほとんどです。
つまり、もし30代~40代ですでにお腹が出ていたとしたら、動いていない証拠ということですね。

着膨れしている場合もあるので、実際に触らせてもらえばより確実です。
ガイドさんのお腹、チェックしてみてください。(笑)

午後のイエローフォールは貸切(8日)
午後のイエローフォールは貸切(8日)

磐梯山噴火口を行く(9日)
磐梯山噴火口を行く(9日)

真剣にビーコントレーニング(10日)
真剣にビーコントレーニング(10日)

スノーモンスターに感動!(11日)
スノーモンスターに感動!(11日)

安達太良山にて(12日)
安達太良山にて(12日)

森と湖上のネイチャーツアー
http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html#hibara

神秘の五色沼ツアー
http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html#goshiki

厳冬の不動滝・ブルーアイスツアー
http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html#fudo

イエローフォール・磐梯山ジオツアー
http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html#yellow2

西大巓ピークハントツアー
http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html#nishidaiten

バックカントリースノーボード
http://moku2-outdoor.com/bc-snowboard.html

(りょう)

10日、11日の五色沼、イエローフォールジオツアー

青沼の前で
土日の関東の大雪でツアーキャンセルが相次いだ裏磐梯ですが、あの大騒ぎとはウラハラに20cmぐらいしか雪が降りませんでした。
10日の午前五色沼のツアーは、ふわふわの新雪を楽しみながらのツアーです。
http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html#goshiki

イローフォールの前で
午後はイエローフォールジオツアー。
午後になると、訪れる人が少なく普段の静けさに戻るイエローフォールです。磐梯山の稜線を見ることはできませんでしたが、荒々しい魅力的な山を楽しめました。

赤沼の前で
11日の午前五色沼ツアーです。
今朝は、誰も歩いていない五色沼をガイドできました。
昨夜からの雪は、ほんの数センチですが、それでも気持ちがよいもんです。
関西から来られたお客様もおられて、楽しいツアーとなりました。

まだまだ、冬のスノーシューツアーは続きます。
皆さん、お待ちしていまーす。

あかぬま

ラッキー続きのイエローフォールツアー

もくもく一番人気のスノーシューツアーはやっぱり、「イエローフォール・磐梯山ジオツアー」です。冬にしか行けない、見られない、と言う限定感が人気の秘密でしょうか。ですが、他のコースと違いその楽しみは天候に左右されやすく、吹雪の中のでの「修行」?になることもあります。でも、今回は、スタート:微風視界悪し、銅沼横断:視界回復、イエローフォール:先週より回復してまあまあの出来栄え、帰り:振り返れば青空に浮かぶ火口壁絶景&巨大彩雲・・・いろんな景色が楽しめました。
ノリノリポーズ!
今回の参加者は6名、ジャニーズV6でいえばノリノリのカミセンと余裕のトニセンと言ったところでしょうか。イエローフォールはご覧の通り。
こんな青空が
ここでもポーズの違いがはっきり出てました。この後、巨大彩雲が出現!

スノーシューツアー:http://http://www.moku2-outdoor.com/snowshoe.html

                                                もく

期待はずれの最強寒波

1日(土)「Step1 はじめての裏磐梯バックカントリー」
1日(土)「Step1 はじめての裏磐梯バックカントリー」

2日(日)「Step2 裏磐梯流ツリーラン満喫!」
2日(日)「Step2 裏磐梯流ツリーラン満喫!」

4日(火)「ゲレンデパウダーレッスン」&「サイドカントリー半日体験コース」
4日(火)「ゲレンデパウダーレッスン」&「サイドカントリー半日体験コース」

5日(水)「Step2 裏磐梯流ツリーラン満喫!」臨時開催
5日(水)「Step2 裏磐梯流ツリーラン満喫!」臨時開催

2月に入ってからバックカントリーツアー続きです。
4日に実施したプログラムは塾のウェブサイトにも情報が掲載されていませんが、来シーズンからスタート予定のものです。
今回はお試しデーということで特別開催とあいなりました。

バックカントリースノーボード
http://moku2-outdoor.com/bc-snowboard.html

ここのところ雨に高温とこの時期らしからぬ気象条件が続いた上、今回の最強寒波も期待はずれで、それほど積雪は増えず。
裏磐梯らしいディープでドライなパウダースノーを味わうことは叶わず、悪雪率が高かったのが非常に残念ですが、どんな雪でもやっぱり山は楽しいものですよね。

以下、次のツアーの予定です。
10日(月) Step1臨時開催(猫魔エリア)
15日(土)~16日(日) Step3山小屋泊(安達太良エリア)
20日(木) Step2臨時開催(猫魔・雄国エリア)

(りょう)

1日午前、午後のイエローフォールツアー

銅沼から磐梯山を見る
1日午前のイエローフォールツアー。
久しぶりに晴天のツアーです。
何度ももくもくのツアーに参加されているSさんご一行が今年も来てくれました。
私たちガイドの力量が問われる、ありがたいお客様です。
イエローフォール到着-1

磐梯山の火口壁の力強さにほれぼれしながら、楽しい時間を過ごせたことと思います。

イエローフォール到着-2
午後はOさんご一行のイエローフォールプライベートガイドでした。
午後から天候が崩れると思っていたのですが、なんのその、午後の光が火口を照らして、ヨーロッパアルプスに来た様な雰囲気を楽しめました。
また遊びに来てくださいね。

次回は夏のシャワーウォクチャレンジですね。
イエローフォールにへばりつく

お待ちしています。

あかぬま
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。