スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソースカツ丼大盛

スノーシューツアー、毎日出動中です。
五色沼だろうと、イエローフォールだろうと、毎日ひたすらラッセルです。(苦笑)

イエローフォールツアー(29日)
イエローフォールツアー(29日)

五色沼ツアー(30日)
五色沼ツアー(30日)

イエローフォールツアー(31日)
イエローフォールツアー(31日)

体を引き締めたいあなたにオススメの深雪。
毎日、昼メシはソースカツ丼大盛でいいんじゃないかと思う今日この頃です。

スノーシュー
http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html

そして、気づけば大晦日ですね。
よいお年を~。

(りょう)
スポンサーサイト

ネイチャースキーStep1&スノーシューツアー

最初に言い訳を・・・他のスタッフはガイド担当した日にブログを更新しますが、私は朝型人間なので翌朝早くに更新しています。今日もそのつもりでしたが起きて外を見たら「こりゃ大変!」と言うくらいの積雪で除雪に時間を取られ・・・二つまとめました。

その1 ネイチャースキーStep1
整備された休暇村裏磐梯コースは初心者&ファミリーには最高のクロカンフィールドです。ブームだった頃(有ったような気がします)シーズン中大勢のクロカンフリークで賑わいましたがそれも今や過去形!逆に静かに楽しめるのでお勧めです。今回の参加者は6名、ご家族とご夫婦、そしてお一人の方でした。天気はそれなり、雪は最高、気持ちよく歩けた(滑れた?)ようです。次はStep2にチャレンジして下さいね。
まず、基本講習から
先ずは基礎講習、肩に力が入ってますよ!
こんな余裕も
余裕が出ると熊棚を見つけたり、野鳥の声も耳に入ってきます。何か居るのかな?

その2 イエローフォール・磐梯山ジオツアー
予想通りの悪天候、開催が危ぶまれましたが集合した途端「イエローフォール見られますか?」行くしかないようです。
でも、歩き始めてしまえば楽しい地吹雪ツアー?目的地目指してもくもくと歩きました・・・は参加者で、先頭の私は地獄の膝上ラッセル&表面パック状態2段階踏み抜き??何のこっちゃ・・・へとへとでした。
イエローフォールはご覧の通り、まあまあの状態でしょ! もっと大きくな~れ!
悪天候だって元気です

スノー情報:http://http://www.moku2-outdoor.com/

                                               もく

イエローフォールツアー・磐梯山ジオツアースタート!

毎シーズン年明けからでないと実施できない「イエローフォール・磐梯山ジオツアー」ですが今シーズンは、何と年内スタートができました。下見報告でも書きましたが色、規模共成長過程ということででしたが、この大寒波で急成長しています。これから巨大化する予感大!
少しは色付いたかな?
参加されたのは茨城からの熟年ご夫婦、他のご家族はお孫さんを含め、裏磐梯スキー場でスキー&ボードだそうで、最近3世代で遊びに来てこのパターンが多く見られます。更に、午前スノーシュー、午後スキー&ボードのパターンも多く、遊びの多様化?欲張り化?でしょうか
雄大な景色に満足
悪天候のなんのその!時折姿を見せる火口壁に「うぉ~」、噴煙を見ては「おっ~」と歓声続きで楽しいツアースタートになりました。 
今シーズンも楽しさ満載のスノープログラムです。ご参加お待ちしてます。

スノープログラム:http://http://www.moku2-outdoor.com/

                                               もく

やってきました!年末寒波!!パウダースノー!!!


12月28日、スノーシュープログラムがスタートするこの日にふさわしい?空模様となりました。
朝起きたときはそれほど強い降りじゃなかったんですけど、時間とともに、視界が真っ白に。
粒が小さい雪が降り続きました。
足元に積もっていく雪はふっかふっか。軽~い雪で、踏むのが楽しかったです。
が、顔が痛くなるほどの強い風が吹くことも(^^;。

といった状況の中でしたが、午前の五色沼ツアーにはFさんご夫妻が、午後の森と湖上のネイチャーツアーにはMさんご夫妻がご参加くださいました。


青沼にて
光量が少ない吹雪の中でも、青い色が良く見える瞬間がありました!

瑠璃沼に一瞬日が差して
瑠璃沼では、一瞬日が差して、とても神秘的な光景と出会えました。うっとり~。

中瀬沼展望台にて
桧原湖はまだ結氷していないので、今日は中瀬沼展望台へ。水墨画の世界に飛び込んだよう。

雪の滑り台も挑戦
雪の滑り台も、ちゃっかり楽しみました♪

お二組とも、スノーシュー体験は初めてで、この吹雪の中を歩くとなると、不安な気持ちもおおいにあったかと思うのですが、体験後には、笑顔とともに嬉しいご感想をいただけました。
「天気も体力も不安だったけど、参加して良かった」
「思った以上に楽しかった」
「もっと大変なものかと想像していたけど、ずいぶん楽に歩けた」

・・・わーい、本当によかったです!

楽しさいっぱいのスノーフィールド裏磐梯です。
またパウダースノーを蹴散らしにおいでください、お待ちしてます。
ありがとうございました!

(ちほ)

■もくもく自然塾 スノーシュープログラム
 http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html

プログラムスタートに向けて~五色沼&イエローフォール下見~

12月25日クリスマス。街は賑やかなんでしょうね~。みなさんはどんな一日を過ごされましたか?
もくもく自然塾ガイドスタッフ4名は、スノーシューで五色沼&イエローフォールの下見へ行ってきました。

来る28日から「毎日開催スノーシュープログラム」スタート予定なのですが、はたして各フィールドはプログラムを実施できる状態なのか? 実際にこの目でこの体で確認しないことにはゴーサインを出せません。
ということで。

まず午前は、五色沼探勝路へ。

この時期にしては十分な積雪。昨夜の降雪+今朝の冷え込みで、ふかふかした足元に小躍りしちゃいました。
・・・ここのところ重たい雪だったものでつい。 足首くらいのラッセルで歩きやすかったです。

青沼の水の色、この時期もまた秀逸
青沼にて。独特の水色と白い雪とのコントラストはやはり秀逸です。

弁天沼にて
結氷しきっていない弁天沼の畔にて。足元はまだヌケる所もあるので要注意。

ごきげんなの
青空しょって、ご機嫌なガイド男子3人衆。 木の枝の雪を落とすイタズラが成功した直後です(笑)。


そして午後は、磐梯山火口&イエローフォールへ。
標高が上がるのでそれなりに積雪量が増えます。足首上~膝下ラッセルでした。
午後は気温も上がったようで、雪も重くなってきて、ウェアの保温性能にもあやかって、いい汗かきました。

銅沼の水が見えています
銅沼はまだ水面が見えてます。迂回するのが賢明かな。

大岩もまだまだ露わです
大岩の姿もまだしっかりお目見え。藪もまだ濃いので通過が厄介な場面も。
とにかく注意深く進んで状況確認。しばらくは往復コースもありかな。

今日のイエローフォール
気になるイエローフォールは、色が付き始め(氷瀑のでき始め)、発展途上中ってところでしょうか。
さらにしっかり着雪してるので・・・白いですね(^^;)。
薄い氷の層が重なれば重なるほど色が濃くなるはず。この後に期待・・・!です。

見え隠れする櫛ヶ峯
火口壁は相変わらずの絶景です。ところどころ崩れた跡が見てとれて、ジオパワーを感じます。


・・・といった状況で、さて、実施の判断ですが。

五色沼ツアー、イエローフォールツアーともに、予定通り28日より実施します!

安全安心を第一に、当日のフィールドの状況に合わせたコース取り等、ガイドいたします。

この時期ならではのフィールドの状況を楽しみつつ、レッツゴー・スノーシューイング♪ いたしましょー!


(ちほ)


■もくもく自然塾「毎日開催スノーシュープログラム」
 「神秘の五色沼ツアー」http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html#goshiki
 「イエローフォール・磐梯山ジオツアー」http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html#yellow1

毎日ラッセル

しっかし、ここのところよく降りますね~。
あ、もちろん雪の話です。この3連休もしっかり降られました。

21日は、登山入門ツアーで蓬田岳をご案内。
今年の無積雪期、最後の登山ガイドのはずだったんですが・・・中通りの1000m足らずの山にもかかわらず、南岸低気圧により完全に雪山状態でした。

雪の蓬田岳(21日)
雪の蓬田岳(21日)

前日の下見のときには吹雪。登山道は深いところで股下ラッセル。
当日はいくらか雪が沈んだものの、そこは登山“入門”ツアー。
キックステップ全開で、皆さんが歩きやすいようにしっかりと道を作りながらのガイドとなりました。

南東北・福島・会津の名峰に登る
http://moku2-outdoor.com/mountaineering.html#meihou

そして、22日と23日は裏磐梯でバックカントリーガイド。
両日とも溺れるような雪の大海原で悪戦苦闘しながらも、裏磐梯らしいドライパウダーを満喫。
幸先のよい冬シーズンのスタートを切ることができました。

吹雪のバックカントリーツアー(22日)
吹雪のバックカントリーツアー(22日)

憩いの時間、雪上ランチ(23日)
憩いの時間、雪上ランチ(23日)

姿が見えないほどのディープパウダー(23日)
姿が見えないほどのディープパウダー(23日)

バックカントリースノーボード
http://moku2-outdoor.com/bc-snowboard.html

いや~、ラッセル、ラッセルの毎日です。(苦笑)

(りょう)

バックカントリーツアー、始まります!

例年は、「雪は十分に積もるのか?」「ツアーは実施できるのか?」と不安に思うことが多い初冬・12月。
週末にバックカントリーツアーを予定しているので、一昨日、今日と下見に行って来ました。

バックカントリースノーボード
http://moku2-outdoor.com/bc-snowboard.html

一昨日の下見
一昨日の下見

一昨日はあまり時間がとれなかったため、とりあえずはこの時期藪が埋まっているかどうか心配な箇所の状況を確認。
そして、過去に何度か雪崩が起きている斜面でピットチェック(積雪安定性のチェック)を実施。160㎝ほど掘ってみました。

ピットチェック中
ピットチェック中。(ちなみに板の長さは162㎝)

今日は、ツアールートを一通り確認しつつ、一昨日からの積雪の変化を確認しつつ、滑りを楽しみつつ。
ツアー本番では視界不良で滑れない率が高いココ(下写真)も、今日は貸切で王様滑り。(笑)

貸切で楽しんですみません(笑)
貸切で楽しんですみません(笑)

先日のドカ雪のおかげで、今週末からバックカントリーツアーをなんとかスタートできそうです。
今晩からの雪でまた状況は変わるとは思いますが、標高の低いところはまだまだ藪がうるさいので、いい板は持って来ないことをオススメします。(笑)

(りょう)

裏磐梯がやって来た!~水戸編~

もくもく自然塾スタッフがお土産を持ってあなたの街へやって来る、この時期恒例のキャンペーン「裏磐梯がやって来た!」。
昨日は、ナムチェバザール水戸店さんにお邪魔させていただきました。

アウトドアショップ ナムチェバザール
http://www.namchebazar.co.jp/

ナムチェバザール水戸店
ナムチェバザール水戸店

店名はもちろん、世界最高峰エベレスト(8848m)の麓にあるシェルパ族の故郷ナムチェバザールから来ていますが、電話番号の下4桁まで「8848」というこだわりぶり。(笑)

活気溢れる店内とスタッフの皆さん。
そして、社長自らあの世界的に有名なトレイルレース「ULTRA-TRAIL DU MONT-BLANC」(168㎞)を完走してしまうというステキなお店です。

そんな店頭で繰り広げられる熱いガラガラバトル!
見事賞品を手に入れた皆さん、おめでとうございます!

豪華賞品は誰の手に?
豪華賞品は誰の手に?

残念ながら賞品を手にできなかった皆さんも大丈夫。
そのお手元にあるもくもく自然塾パンフレットを今すぐチェック!
裏磐梯にいらっしゃれば、素晴らしい体験が待っていますよ。(笑)

冬の体験プログラム、もうすぐ始まります!

スノーシュー
http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html

ネイチャースキー/クロスカントリースキー
http://moku2-outdoor.com/nature-ski.html

バックカントリースノーボード
http://moku2-outdoor.com/bc-snowboard.html

遊んでないで仕事しましょう(笑)
遊んでないで仕事しましょう(笑)

(りょう)

どんどこ積もってきました

11月11日午後に初雪を迎えた裏磐梯。
その後、雪が降っては解け、また積もってはまた解けてを幾度か繰り返しておりました。

そして一か月。
12月11日夜半、空から落ちるものが霙から雪へと変わり、12日朝にはほっかり白い世界に包まれました。
その後も静かに降り続いています。

12月14日15時ころの積雪
この写真(↑)は、12月14日午後3時ころ、我が家の窓からの景色です。

12月13日16時ころの積雪
こちら(↑)は、昨日13日午後4時ころの写真。

なかなかの降りっぷり、分かっていただけるでしょうか。
とても静かに、どんどこ降り続いています。
手すりや物干し台、木々の上は30cmくらいかな。地面の雪は50cmを超えたようです。
あ、今、屋根雪が轟音とともに落ちていきましたねぇ。


明日も一日雪マーク。その後も雪マークが並んでいますね。
いよいよ、本格的な冬へ突入するころになったんですね。
楽しい楽しい雪遊びの季節の到来♪です。

さて。雪かたししなくっちゃ。

(ちほ)

雪遊びプログラム満載!もくもく自然塾
■スノーシュー
 http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html

■ネイチャースキー/クロスカントリースキー
 http://moku2-outdoor.com/nature-ski.html

■バックカントリースノーボード
 http://moku2-outdoor.com/bc-snowboard.html

勝手にプログラム紹介~第2回 西大巓ピークハントツアー~

楽しみにしている皆さん、お待たせしました!
そこ、「いや、別に待ってないよ」とか言わないの。

今回も元気に行きましょう、ワタナベの勝手にプログラム紹介のコ~ナ~!
第2回目は、冬山登山プログラム「西大巓ピークハントツアー」です。

西大巓ピークハントツアー
http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html#nishidaiten

もくもく自然塾のスノーシュープログラムの中では古株とも言えるかもしれません。
その名のとおり、吾妻連峰西端の山・西大巓(「にしだいてん」と読む。1982m)のピークを目指そうというもの。
1dayスノーシューの経験はあるものの冬山登山は初体験、という方にオススメのプログラムです。

西大巓には何があるのか? 単なる極寒の世界?
いえいえ。スノーモンスター(樹氷)たちの楽園があります。それはもう絶景。一見の価値ありです。さらに雲海でも広がっていようもんならもう、ヨダレが出ます。(笑)
余談ですが、ぼくが裏磐梯でダイヤモンドダストを見た率が一番高いのも西大巓です。

それはもう絶景です。
それはもう絶景です。

開催日は2月11日(火・祝)
厳冬期の東北の2000m峰にはどんな世界が広がっているのか・・・自分の目で確かめてみませんか?

(りょう)


第1回 会津の名峰に登る・冬
http://moku2outdoor.blog.fc2.com/blog-entry-200.html

シーズン前恒例「裏磐梯がやってきた!」キャンペーン開催

12月に入り、スキー場もOPENしていよいよ本格的シーズン到来です。毎年、この時期ショプの軒先をお借りしてキャンペーン活動を行っています。その名も「裏磐梯がやってきた!」。クリスマスセールで賑わう中、裏磐梯情報を提供し、福島県産りんごをプレゼントしたり、抽選で近隣スキー場のリフトや宿泊、ワカサギ釣りの招待券をプレゼントします。今年で9回目を迎えるシーズン前イベントです。WES新潟店で開催しました
今回は新潟県を代表する総合アウトドアショップWEST新潟店での開催です。毎年、鳥屋野潟からの寒風を受け防寒対策万全で実施していますが、今回はぽかぽか!お店が用意してくれた特性野菜スープ(無料振る舞い)も有り、暖かな開催になりました。
見事、リフト券ゲット!
3世代でお買い物にいらしたご家族は、お孫さんが見事リフト券をゲット!笑顔でポーズです。みんなで遊びに来てくださいね。
来週12月15日は茨城県ナムチェバザール水戸店での開催になります。情報満載、プレゼント満載でお伺いしますのでお近くに方、そろそろ冬物買おうかなと言う方、是非遊びに来てください。

ご協賛企業:裏磐梯猫魔スキー場、アルツ磐梯スキー場、裏磐梯スキー場、グランデコスキーリゾート
      マックアースグループ(箕輪スキー場、沼尻スキー場、猪苗代スキー場)
      ワカサギ釣りこたかもりドライブイン、アウトドア体験の宿もくもく        (順不動)

                                               もく

勝手にプログラム紹介~第1回 会津の名峰に登る・冬~

スノーモンスターの楽園
スノーモンスターの楽園

この写真は、勝手に選んだ昨冬のベストショットです。
冬山登山プログラム「会津の名峰に登る・冬」の西吾妻山にて撮影しました。(2013年1月5日)

いよいよ12月下旬より冬の体験プログラムが始まります。
個人的には主に冬山登山、バックカントリーツアーを担当する予定です。
今日から数回に分けて担当プログラムを勝手に(笑)ご紹介します。

題して、ワタナベの勝手にプログラム紹介!
第1回目は、冬山登山プログラム「会津の名峰に登る・冬」です。

会津の名峰に登る・冬
http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html#meihou

夏山登山プログラム「南東北・福島・会津の名峰に登る」の冬山版です。
基本的にはスノーシュー登山ですが、磐梯山のようにアイゼンが必要になるコースもあります。
今シーズンは日帰り登山からテント泊までバラエティの富んだ以下の5コースをご用意しました。

(1) 安達太良山(12月28日~29日)
 日本百名山。温泉のある山小屋「くろがね小屋」で極上の夜を過ごします。

(2) 磐梯山(1月1日)
 日本百名山。冬の一般ルートではなく少し難易度の高いルートをアイゼンを使って登り、磐梯明神で初詣します。

(3) 西吾妻山(1月4日~5日)
 日本百名山「吾妻山」の最高峰。スノーモンスター(樹氷)の楽園を楽しみつつ、冬の避難小屋泊にチャレンジします。

(4) 雄国山(3月21日~22日)
 うつくしま百名山。短いアプローチのコースを使って冬のテント泊を体験し、ご来光も楽しみます。

(5) 高曽根山(3月23日)
 会津百名山。登山道がないため冬しかアクセスできない隠れた名山です。

夏山だけではもったいない。これを機会に冬山にもチャレンジしてみませんか?
冬山の魅力と言えば、何と言ってもその美しさ。山には雪がよく似合います。
寒いし荷物は重いし深雪はしんどい。でも、その辛さを忘れさせてくれるだけの景色・体験がそこにはあります。(もちろん辛いだけで終わることもありますが・・・(笑))

まずは今シーズンの第1弾「安達太良山」でお会いしましょう!

(りょう)

2014冬のパンフレットが完成しました

もくもく自然塾 2014スノーシーズンのパンフレットが完成しました。
とは言ってもずいぶん前の話なんですが。(笑)
すでにお手元に届いている方も多いかと思います。

2014冬パンフ その1
2014冬パンフ その1

2014冬パンフ その2
2014冬パンフ その2

そして、塾のウェブサイトにも冬の体験プログラムを掲載しました。
裏磐梯の冬の定番・スノーシュー体験はもちろん、ネイチャースキーやバックカントリーツアーの情報も満載です。

スノーシュー
http://moku2-outdoor.com/snowshoe.html

ネイチャースキー/クロスカントリースキー
http://moku2-outdoor.com/nature-ski.html

バックカントリースノーボード
http://moku2-outdoor.com/bc-snowboard.html

冬のプログラムは12月下旬からスタート予定です。
ぼくは主に冬山登山とバックカントリースノーボードを担当させていただきます。

スノーシーズンも一緒に裏磐梯を楽しみましょう!

(りょう)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。