スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイドの仕事を知ろう!

ガイド業に興味がある方を対象とした、ガイドの仕事について知ってもらう講習をご用意しました。

内容は、
「ガイドとしての心構え」(1時間程度の座学)
「ガイディングの知識と技術」(2時間程度の実習)。

座学は「もくもく自然塾ガイドセンター」、実習は五色沼周辺で実施します。
講習には実際にガイドとして活躍するスタッフも参加するため、生の声が聞けるかも!?

参加費は、座学は無料実習は1,000円(税込)。
実習については、学生さんは学生証提示で無料でご参加いただけます

参加希望の方は、3月27日(月)までに「もくもく自然塾ガイドセンター」(0241-23-9018)にお申し込みください。

-------------------------------------------------------------
ガイドの仕事を知ろう!
[日時] 3月29日(水)13:00~16:30
[場所] もくもく自然塾ガイドセンターおよび五色沼周辺
[内容] ガイドとしての心構え(1時間程度の座学) 参加費:無料
     ガイディングの知識と技術(2時間程度の実習) 参加費:1,000円(税込)
[申込] もくもく自然塾ガイドセンター(0241-23-9018) 締切:3月27日(月)
[備考] 実習に参加する方は、雪上を散策できる服装・履物をご用意ください。
     学生さんは学生証提示で無料で実習にご参加いただけます。
-------------------------------------------------------------

もくもく自然塾って?
http://moku2-outdoor.com/moku2.html

(りょう)
スポンサーサイト

読図の基礎

座学の様子

一昨日の五十嵐じゅにー先生による読図基礎講習の様子。
公募はしていなかったのですが、26名もの方にご参加いただきました。

もくもく自然塾セミナールームではキャパ超えのため、会場をお隣りAkabekoさんにご協力いただいての開催。
机上講習からコンパスの使い方実習まで、皆さん真剣に学んでいました。

読図は登山者の基本スキル。
GPSという便利な機器がある現代でも、計画段階のルート設定や現場でのより危険の少ないルートの判断等に必要となるスキルです。

特に雪山において、地形を読めない人にはそのルートが安全かどうかという判断ができません。
道迷い遭難のリスクを最小限にすることはできても、転滑落や雪崩遭難のリスクを減らすことはできないのです。
つまり、よくある「読図ができないからGPSを使う」というのは本末転倒、ということをご理解いただけるかと思います。

ぼくは口が悪いので、「地形図とコンパスを使えねえヤツが『山やってます』とか言うな」「百座登ってまだ読図ができないなら一座も登っていないのと同じ」「読図ができねえヤツは雪山に登る資格なし」等々ついつい言ってしまうのですが・・・。

じゅにー先生はそんなことは言わずやさしく教えてくれるのでご安心ください。(笑)

(りょう)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。