スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日本一のブナ ~ぶな太郎詣で~』の下見をしてきました

昨日の雨から爽やかな青空がひろがった今日。6月2日開催の『日本一のブナ ~ぶな太郎詣で~』の下見をしてきました。ここ十数年、何度も訪ねている巨樹ぶな太郎ですが、今回ばかりは多くの思いをもっての山歩きとなりました。
クリンソウやトリカブトの若葉に見惚れ、アオダモの芳香に酔いしれながら、エゾハルゼミの合唱を頭上に聞いて、故高橋真希と共有することのできた、裏磐梯での自然を相手にした遊びを振り返えりました。
IMGP8198.jpg

オオカメノキの装飾花がチシマザサに刺さって宙に浮いていました。
IMGP8165.jpg

ブナの雄花がクモの巣に引っかかってこれも宙に浮いています。
IMGP8166.jpg

ぶな太郎の苔むした木肌にも雄花が引っ付いていました。
IMGP8203.jpg

エゾハルゼミの抜け殻もたくさん見かけました。
多くのことを教えてくれた彼女に感謝しながら、大地に根を張る巨樹の前で、「また来るからね」と、つぶやいて下山しました。
IMGP8182.jpg

帰り際、木陰に彼女が現れる様な気がして、そっと後ろを振り返りましたが、ブナ太郎がどーんと立っているだけでした。
でも、ここを訪れる度に、彼女のことを思い出せるのかと思うだけで、なんとも嬉しいもんです。

あかぬま
スポンサーサイト

テーマ: 福島県 | ジャンル: 地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。