スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あると安心、雨具&防寒グッズ

あっという間にゴールデンウィークがやってきて、4月も最終日になりました。

毎年「いい天気になるといいなぁ」と願っていますが、あいにくの空模様になることが多いんですよね。
4月27日~30日まで、雨は60~70%の割合でした。しかもすごく寒かった(^^;。
このあと5月1日2日まで雨マーク、3日以降はだんだん良くなっていくという予報ですが、
「天気の急激な変化にご注意ください」と天気予報士さんがお話されていました。

そんなわけで、お出かけの際には雨具をお忘れなく!お守りと思ってお持ちください。
傘だけではなく、雨合羽(レインウェア)があるとより安心です。
気温が下がったときには防寒着としても重宝します。

履物は、防水性があって多少汚れても気にならないものがベスト。
自然を楽しむ探勝路にはまだまだ残雪があります。雪解け水でぬかるみもたくさん出来ています。
可能ならトレッキングシューズ+スパッツ(足カバー)、あるいはゴム長靴だと心配なしです。
(ゴム長は平地歩き向き。暖かい厚手の靴下などで冷え対策も必要です。)

手袋、ネックウォーマー(マフラー、スカーフ)などの防寒小物があるとさらに◎。
首、手首、足首を温めるのが効果的なのですよ。手袋は日焼け対策としても使えますし。

お子さんは雪を見たら戯れたくなること間違いなし。装備バッチリだと心置きなく楽しめます!

五色沼の一つ「みどろ沼」にて
写真は、28日、気温が下がり小雨交じりという状況で実施した、五色沼探勝路トレッキングの様子です。
「思った以上に寒くって。ホテルのポンチョと長靴、借りちゃいました」
と、しっかり防水&防寒対策をしてご参加くださったYさんご夫妻。

「雪の上とかぬかるみとか、遠慮なく歩けますね。あえてそこに入ったりして。ふふ、楽しい♪」
「ポンチョいいですね。リュックサックもすっぽり覆えるし。あったかいです」
と、悪条件を逆にしっかり楽しんでらっしゃって、私も嬉しくなりました。

折角いらっしゃったのに「足元が悪いから」「寒いから」と自然の中へ入っていけない、楽しめないのは、
つい「勿体ない」と思ってしまいます。
裏磐梯はなんといってもその自然が素晴らしい場所です。
一つでも多く自然を楽しんで帰っていただきたいなぁと思っちゃうのでした。

※宿泊施設によっては、カッパやトレッキングシューズなどのレンタル取り扱いがある場合も。
 そういったサービスのあるお宿を選ぶのも Good idea! と思います。
(ちほ)

■もくもく自然塾 トレッキングプログラム
 「ネイチャーガイドと裏磐梯高原散歩し隊」 ゆっくりのんびり自然を楽しみませんか?
  http://moku2-outdoor.com/trekking.html#sannpo
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。